こんにちは。これまで、10以上のマッチングアプリで有料会員になって検証してきた、20代後半の男です。

今回は、最近考えていること「30前の男も結婚を考えないとやばいよね」を書いてみます。

30歳目前であれば、男性も女性も関係ないですよね。

>>【12日で彼女ができた】無料で始められる婚活アプリ


アラサー女性だけ焦らなければいけないのか?

よく、26歳くらいになると女性が「30歳までに結婚しないとやばい」と焦り出します。

それは「子供を産みやすいのが30歳まで」「世間的に結婚してないとやばいと思われるから」「30歳を過ぎると、若い子に人気を奪われてしまう」などの理由があるため。

なので、30歳目前になると、婚活の意識が高まる女性が増えます。

男性も焦らないとね、、

確かに、これは納得できる行動なんですが、これって本当に女性だけが意識しなければいけないことなんでしょうか?

僕は違うと思っていて、女性同様、男性も焦らないとやばいと思っているんですよ。

それは、最近女性に結婚対象年齢を聞いていて感じました。

男性で35歳以上は対象外

僕は最近まで「結婚を考えるのは30歳くらいから。そして、33歳くらいで5つ下の女性と結婚できるのかな?」と思っていました。この考えの背景にあるのは、「年上の男性を好む女性が多い」という勘違い。

でも、これって甘い考え方なんですよね。

意外と女性って年の近い男性と結婚したいと思っているんですよ。

1人だけ「10歳まで上ならOK」という女性もいましたが、それ以外は同じ年(プラスマイナス2~3歳)が相場でした

安全な無料アプリで相手を探してみる>>12日で彼女ができた!マッチングアプリ

35歳以上で若い女性と結婚できるのは金持ちイケメンだけ

この結果に驚いたんですが、そもそもなぜ僕が「30過ぎても若い女性と結婚できる」なんていう幻想を持ってしまったんだろう、と考えてみました。

そこで思いついたのが、「若い女性と結婚した35歳以上の男性の事例を見ていたから。

例えば、千原ジュニアさん。彼は41歳で20代前半の女性と結婚しました。

また、最近結婚したくりぃむしちゅーの有田さんも一回り若い女性と結婚したと言います。

このように、世の中には35歳過ぎた男性に希望をもたせてくれるニュースで溢れているわけですよ

一般男性が若いモデルさんと結婚できるわけない

でも、ぼくたち一般人がそうなれるかと言ったら、首を傾げてしまいます。

その理由は、若い女性と結婚できた年上男性は必ず、お金、社会的地位といった武器を持っているからです

これは人気の女性モデルさんと結婚する男性もそうです。

ニュースでは、「一般男性」と報道されますが、実は年収100億円のIT経営者だったりします

このように、「35歳過ぎてからの結婚は一般人だとやばい」、「若い女性と結婚できるだろ、と油断してると危険」ということは国のデータを使っても証明できるんですよ。

ここまで読んで焦ったなら>>【19人と出会えた】サクラなしで安全に使えたマッチングアプリまとめ

【追記】26歳女性「一回り上の男性、普通のスペックでもOK」

この記事を書いた後、この事実に気づきました。

飲み会で、26歳の女性が「一回り上でも、スペックが高くなくてもOK」と言っていたんですよね。

なので、こういった女性も一部ながらいる、とは理解しておきましょう。(本音では、年収などのスペックが重要になるでしょうが)

そもそも結婚の数が減っている

ちなみに、これから示すデータのの出典元はこちら。

出典元:第1部 少子化対策の現状(第1章 2)|平成28年版 少子化社会対策白書 – 内閣府

まず、年齢関係なく、現在は未婚率が過去70年のうちで最低ということは理解しておくべきでしょう

男性が30歳までに結婚しないとやばいと思えるデータ
(婚姻件数及び婚姻率の年次推移)

結婚できる人の割合がどんどん減っているというわけですね。

そうなると、当然、生涯未婚率も上がっていきます

未婚率は30年前の8倍に!

現に、未婚率は年々上昇し、2010年の男性は1980年と比べて約8倍と過去最大になっています。

女性の場合は2倍強ですが、それでも未婚率は上がっています。

男性が30歳までに結婚しないとやばいと思えるデータ
(50歳時の未婚割合(生涯未婚率)の推移)

年齢が上がると結婚しづらくなる決定的なデータ

さらに、こちらに前半で書いてきた「男性でも年をとれば結婚しづらくなる」を示すデータがあります。

男性が30歳までに結婚しないとやばいと思えるデータ
(年齢別未婚率の推移(男性))

20代後半(25~29歳)は、71.8%、30代前半(30~34歳)は47.3%、30代後半(35~39歳)は35.6%となっています

このデータは、20代後半で結婚できていなかった人の24%は5年後に結婚できた。

しかし、同時点で30代前半だった人は5年後、12%しか結婚できなかったということを示しています。

つまり、歳を重ねるにつれて結婚できる人の割合が減っているわけです。

まずはカジュアルにアプリで異性を探してみる>>http://pairs-with-omiai.com/

30代後半になると、20代後半の時に比べて3倍も結婚しづらくなる

さらに、国のサイトからは見つけられませんでしたが、40~44歳になったときの未婚率は27.9%というデータもあります。

これを考えると、30代後半から5年経つと、結婚できる人の割合は8%しか減らないことになります。

つまり、20代後半の時と比べて3倍も結婚しづらくなっているのです。

このようなデータがありますから、やはり男性も女性同様、30歳前に結婚相手を見つけて30歳までには結婚しておいた方がいいのです

男性も女性も年齢を重ねるにつれて結婚しづらくなる

なお、以下は女性の未婚率のデータです。

男性が30歳までに結婚しないとやばいと思えるデータ
(年齢別未婚率の推移(女性))

男性同様、年をとればとるほど結婚しづらくなっていることがわかりますね。

友達にバレずに恋人を見つける>>19人と出会えた婚活アプリ(もっと早くから使えばよかった。。)

都道府県別の結婚率のデータ

ちなみに、都道府県別だと、以下のようなデータが出ています。

男性の未婚割合が最も高かったのは沖縄の26.20%で、岩手26.16%、東京26.06%、新潟25.15%、秋田25.10%と続く。

未婚率が最も低かったのは奈良県の18.24%、滋賀18.25%、福井19.19%。

女性の場合は、以下の通り。

女性では東京の19.2%、北海道17.22%、大阪16.5%、高知16.48%、沖縄16.36%が未婚割合上位5県。(未婚率が高い)

下位(未婚率が低い)は滋賀9.21%、岐阜10%、山形10.08%となった。

参照:生涯未婚率は年々上昇 都道府県別では沖縄、東京が上位に

35歳以上の男性が結婚しづらくなる理由

では、なぜこのようになってしまうのか、前半で書いたことに加えて、原因を考えていきます。

原因1「おじさんは」相手にされない

前半でも触れましたが、年商10億の会社を経営している人と比べたら、年収500〜600万円くらいの35歳は一般的なおじさんと見られてもおかしくありません。

若い女性に振り向いてもらうためには、最低でも年収1000万円くらい必要でしょう。

また、見た目も20代後半とは劣るはずですから、そう思わせないような若作りも重要です。

しかし、(35歳でもいけると思っているのか)そうしたことができない人が多いため、35歳以降で結婚できる人の割合が減っていくのでしょう。

なので、これを解決するためには、やはりスペックを高めていくしかありません

原因2「相手に求める条件が厳しくなってしまう」

あと、これもありますね。現時点の僕がすでにそうですから。

学生時代や20代前半は、学歴とか相手の仕事とか気にしなかったんですが、今は気にするようになってしまいました

あと10年経ったら、もっと色んな女性を見ることになるわけですから、それを見る目は厳しくなるはずです。

20台後半ではOKだった条件でも、いいとは思えなくなっている可能性もあります。

選択肢が多すぎると選べなくなってしまう

有名な話ですが、人は選択肢が多すぎると選べなくなってしまうんですよね。

ある服屋さんで2種類の色違いの同じ服を10種類にしたところ、売り上げが落ちたという事例があります。

このようにならないためには、サンプルを多く見ないうちに決めてしまうことが大事なんですね。

なので、自分はそうならないよう、相手に求める条件を緩めようと思います。

女性が求める「普通の人」の条件がやばすぎる件

女性は特に、自分が求める条件の「普通」が一般的な「ハイスペック」になってしまっていることに気づきましょう。

先日、同世代(20代後半)の女性の理想の条件を聞いて衝撃を受けたんですよね。以下のような要素を上げていたのです。

年収高め、安定している大企業勤務、イケメン、細くてモデル体型、ジャケットが似合う、友達が多い、仕事ができる。

こういう男性はマジでレアです。というか、これだけのスペックなら競争厳しいし、なんならもう結婚してるんじゃないですかね。

なので、もっと条件を緩くした方が相手が見つかりやすくなることは理解しておきましょう。

経済力がないために結婚したい女性

あと、結婚できない女性の特徴として、「経済力がない」というものがあります。これは婚活アプリ「ユーブライド」を使って感じたこと。

参照:【口コミ】婚活アプリ「ユーブライド」で有料会員になったのでログイン方法、2chの評判、料金についてまとめる

職業を「公務員」にして年収を600万円以上に設定してると、顔写真を登録してなくてもいいねをもらえるんですよ。

そして、そういった相手の職業を見てると、「無職」や「家事手伝い」が多いのです。

専業主婦志望の女性は婚活で大変そう

このように、男性に養ってもらうことを想定した「専業主婦志望者」は婚活で不利になっていくと思います。

その理由は、昔のように年齢に応じて給料が上がる時代でなくなり、男性の給料だけで暮らしていくことが難しくなるからです。

高度経済成長期であれば年功序列で賃金が上がっていきましたし、女性は就業で差別を受けていたので、家庭に入って男性をサポートするのが合理的な判断でした。

時代が変わっていることに気づこう

でも、今は違います。年功序列は崩壊していますし、女性の就業環境も良くなっています。

こうした時代ですから、女性も働き、男性と一緒に仕事と家事を行なっていった方が合理的なのです。

さらに、周りでも共働きを希望する同世代の男性は多いですから、「専業主婦志望」はマイナス評価になるんですよね。

専業主婦志望なら、男性にどんなメリットを提供できるか?

ただ、専業主婦の道がないわけではありません。「共働き」に代わるメリットを男性に提供できれば、それも可能です。

そのメリットは、例えば、外見(美人、かわいい)、家事と料理めっちゃできるとかですかね。

なので、こういったメリットを提供できるよう、努力も必要です。(相手に与える精神がない人は、きつくなる)

原因3「一人でも生きていけると悟ってしまう」

35年以上も一人でいると、それに慣れてしまうことだって考えられます。これまた、僕もいま28歳ですが、一人でいることに慣れてしまっていますw

一人が好きなので、この状態で人と一緒に住むことは可能なのかな?とも疑問に思っています。

他だと、以下の理由で結婚しようと思わない場合もあります。

原因4「仕事が楽しい」

それが「仕事に夢中になって、土日も仕事してたい」なんて場合です。

本人がそれで満足しているのならいいんですが、自分はそうならないように、バランス良く仕事していきたいなと思っています。

原因5「1人で楽しめる趣味を持っている」

知り合いの先輩は一人でフットサルに行く趣味を持っていました。

その方は、仕事もできるし、イケメンなのに35歳過ぎて独身だったので、そうした理由でも「結婚しなくていいや」と思ってしまうのかもしれませんね。

他だと、一人でご飯に行ける、プラモデルを組み立てるのが趣味、インドアなど一人が好きな人は結婚からは遠そうです

>>【12日で彼女ができた】無料で始められる婚活アプリ

若いうちに結婚しておいた方がいいらしい

このように、いろんな原因で35歳以上になると結婚できる確率が下がるわけですが、僕はそうならないように今はマッチングアプリを使うようにしています。

30歳での結婚を目指しているわけです。こう考えるようになったのは、上記データもありますが、一番大きいのは友達の影響です

同い年の友達が「早く結婚したい」と言い出したんですよ。そこで理由を聞いたら、以下の回答が返ってきました。

・自分が元気なうちに子供と遊びたい

・30歳過ぎて周りが結婚し出したら、遊ぶ人が少なくなる

30歳で結婚しないと遊んでくれる人は減るし、結婚したい

これには、なるほどと唸ってしまいました。

確かに、今は周りが独身だらけなのでいいですが、あと5年したら僕の周りにも既婚者が増え、土日など飲みに誘いづらくなります。

結果、遊ぶ人が減ってしまうんですね。これを防ぐには、自分も一緒に過ごせる相手を見つける必要があります。

これに気づいてから、結婚への意識が高まったんですよね。

>>【評判】マッチングアプリ27この違いを比較したので、おすすめを書いておく

20代後半であっても男性は動いた方がいい

なので、僕と同世代の皆さん、一緒に結婚へ向けて動いていきましょう。

今はいいかもしれませんが、年を取っていくにつれて寂しくなっていくはずです。そうなる前に、相手を見つける行動をとってみましょう

【追記】考えに変化が。「自分は結婚したいのか?」も考えよう

この記事を書いたあと、考え方が変わりました。それは、「別に結婚しなくても生きていけるなら、結婚しなくてもいいのでは?」ということ。

これは、マッチングアプリ経由で付き合った彼女と別れてから思いました。

>>【12日で彼女ができた】無料で始められる婚活アプリ

彼女といる時間よりも、一人でいる時間の方が楽しかったんですよね。(どちらも楽しかったですが)

こうした体験をして、自分は結婚しなくてもいい人間なのでは?と思い始めたんですよね。

寂しくないなら、無理して結婚する必要はない

あと、自分が孤独に強いことも、「結婚しなくていいかも」につながっています。

僕は人と合わない仕事をしているんですが、それでも寂しくならないし、最近は友達と合わなくても平気になってきてるんですよね。

前は、土日に友達と遊ばないと寂しいと思って、がんばって予定を入れていたんですが、それすら不要になりました。

もう、一人でいる時間が楽しくてしょうがないんですよね。

今の生活をずっと続けたい

あと、今思っているのが、これです。

「朝起きて、ランニングして、ご飯を食べて、夜まで仕事して、そのあとは自由時間(お笑いライブを見に行くことが多い)」の生活が楽しすぎるんですよ。

最近だと、お笑いの動画配信サイトを契約したので、それを見ながら家でお酒を飲むのが何よりの楽しみになりました。

このように、自分て実は一人で過ごした方が幸せに生きられる人間なのでは?と思い始めたんですよね。

夫婦で別の部屋を借りるのが理想(別居婚)

あと、最近ぼくと似た感覚を持っている同世代の男性(Aさん)と話して共感したのは、「結婚しても、夫婦で別の部屋を借りて隣で暮らす」というもの

これを話すと、いろんな人にひかれるんですが、これが理想なんですよ。それくらい、僕は1人の時間を持ちたいし、相手もそういう人がいいと思っています。

そして、達した結論が「別に結婚したいと思わなければ結婚しなくてもいい。世間の声に惑わされる必要はない」というもの。

世間の声なんて気にしなくていい

世間には、30歳に近づくと、周りからの「結婚しないの?」プレッシャーが激しくなると聞きます。特に女性、さらに30歳を過ぎるとそれが強くなるわけです。

あと、結婚式ラッシュとかもプレッシャーになりますよね。

そして、そういったことがあるたびに「私も結婚しないといけないのかな?」と思ってしましまいます。

自分の意見を大切に

でも、そういった声って気にする必要がないんですよね。大事なのは、自分がどうしたいかです。

結婚しなくていいなら結婚しなくていいんですよね。周りに惑わされることなく。

こうしたことに気づいたので、最近はゆるーくマッチングアプリを見つつ、自分の好きなように生きてます。

>>【登録して19人と出会えた】無料で始められる婚活アプリ

30歳までに結婚できなかった女性は幸せそうだった

さらに認識しておいてほしいのは、30歳までに結婚できなかった女性でも幸せに生きれている、ということ。

僕は27歳の時、32歳の女性と付き合ったことがあるんですが、その女性は楽しそうに生きてました。

仕事も充実してキャリアアップしていたし、趣味も楽しんでいました

こういった女性と出会ったことで、「30歳まで結婚しなきゃ」の呪いの言葉って気にしちゃダメなんだなと思ったんですよ。

30歳を過ぎるとふっきれるらしい

他にも、マッチングアプリで知り合った30歳の女性とお話しましたが、人生を楽しんでおられました。

ちなみに、20代までは「結婚しなきゃ」と焦っていたんですが、30歳を過ぎるとふっきれてそういった焦りから解放されるそうです。

なので、僕は「30歳までに結婚しなきゃ」は気にしなくていいと思ってるんです。結婚してなくても、楽しく生きられますから。

焦っていた方は、こういった事実も覚えておきましょう。

未婚者の結婚願望の調査

国立社会保障・人口問題研究所が行っている「出生動向基本調査」によると、「いずれは結婚しようと考える未婚者の割合」は、図表のとおり。

スクリーンショット 2017-07-17 12.49.09 (1)

1982年と比較すると、男性は9.6ポイント、女性は4.8ポイント減少していますが、9割弱で推移していて、今でも結婚願望がある人は多いんですね。

「結婚に焦ってはいなくて、いい相手がいれば結婚したい」と思ってる人が多い

また、以下のようなデータも。

スクリーンショット 2017-07-17 12.49.52 (1)
参照:第2節 結婚に関する意識 1 結婚の現状 56 – 厚生労働省

このように、「結婚に焦ってはいなくて、いい相手がいれば結婚したい」と思ってる人が多いということなんでしょうね。

なので、周りに流されず、僕の書いてきたことに共感した方はそんなに焦らなくてもいいです。

逆に、「早く結婚したい」「子供がほしい」「お嫁さんになりたい」というかたは、以下のマッチングアプリで相手を探した方がいいですね。