どうも、20代後半にさしかかり、タイトルのような悩みを同世代から聞くようになりました。

僕もそんな感じなので、その状況を打破するためにあることをやってみたんですよ。そしたら、出会いの数が爆増しました。

ということで、今回はその方法を紹介します。

マッチングアプリはマジで使ったほうがいい

僕がとった方法はマッチングアプリを使うことです。

>>【評判】マッチングアプリ24この違いを比較したので、おすすめを書いておく

これを読んでいる人の中には「マッチングアプリが昔の出会い系サービスのように怪しいもの」と思っている人がいるかもしれません。

でも、使ってみるとそれが感違いだとわかるんですよ。

ペアーズ、withにはサクラがいない

まず懸念されるのがサクラですが、これはほぼいません。

→→【口コミ・評判】Daigo監修のマッチングアプリ「with(ウィズ)」にサクラはいるのか調べてみた

サクラがいない理由は以下の2つ。

・アプリで登録する際、実名制のFacebookアカウントを使うから
Facebookの友達が10人以上いないと利用できないから業者やサクラが入ってきづらい

さらに、運営会社がコミュニティーが荒れないようにしっかりと監視しているため、マッチングアプリは健全な出会いの場として機能しているのです。(変なユーザーは削除することもあります)

特に最近はwithのように上場している会社が運営しているマッチングアプリもあります。なので、安心して使えるんですよ。

マッチングアプリは合コンよりコスパいい

ということで、出会いがないと嘆いている人にはマッチングアプリをおすすめします。

合コンよりも圧倒的にコスパいいですし、1人でもすぐに始められますからコミュニケーションが苦手な人にもオススメできるんですよ

そもそも、合コンてめっちゃコスパ悪いんですよね。

合コンはギャンブル

趣味とか顔もわからない相手と会って、コミュニケーションとるわけで、もう博打ですよねw

それで男がほぼ全部払うとか、意味がわかりません。だったら、ペアーズとかのマッチングアプリで趣味が合いそうな人と会った方がよっぽど効率良いです

話題のアプリはこちら>>婚活と恋活それぞれのおすすめのサイト(アプリ)を比較してランキングを作ってみた

マッチングアプリを使うと気持ちに余裕が生まれる

アプリ利用によって余裕が生まれることは、ユーザーの評判から気づいたこと。

実際、使ってみるとわかりますが、婚活アプリによって選べる異性がたくさんいることに気づくので、「焦らなくて大丈夫だ」と思えるようになるんですよ

しかも、こうしたアプリは女性が優遇されていて、登録した瞬間からいいねが殺到します。僕は、試しに女性アカウントを作ってみたんですが、1週間で25ほどのいいね!をもらいました

それもプロフィール写真に顔に載せずともこの結果なので、ちゃんと顔を載せてプロフィールもしっかり書いたら、もっといいねをもらえますよ。

年収、安定した仕事の人も探せる

あとペアーズなどの婚活マッチングアプリは「年収1000万円以上」「公務員、有名大手企業」のような条件で相手も探せるのです

さらに、「未婚、既婚(離婚歴あり)」などいろんな条件を指定して相手を探せるので、理想の相手を見つけられる可能性が高いのです。

しかも、女性は無料ですから使わない手はないんですよね。(男性は一部機能(相手とマッチングするまで)が無料で、その後のメッセージから有料になります)

>>【評価】無料で使えるFacebookを使った恋活アプリのおすすめを紹介します

選択肢を広げすぎるのも禁物

ただし、婚活アプリには難点もあります。それは、選択肢が広がりすぎしてしまう点です。

こうならないためにも、婚活アプリでは欲張りすぎずに使いましょう

と、ここで記事を終わりにしようともしたんですが、これじゃさすがに味気ないということで、出会いがない人向けにアドバイスなどを書いていきます。

1. 出会いがない人の特徴

まずは出会いがない人の特徴を洗い出してみます。これによって、なぜ出会いがないか?がわかり、対策をたてられるようになるので、ぜひ知っておきましょう

1-1. 行動範囲が狭い。固定化されている

僕も完全にこれでした。多いんじゃないですかね、家と職場の往復ばかりで行動範囲が決まっちゃっている人。

これだと、出会いの場は職場だけになってしまいます。

しかも、職場って意外と出会いが少ないんですよね。

職場に女性、男性しかいない場合も

以下のような話をよく聞きますし。

・(看護師、保育士、介護士、販売職、美容系の仕事なので)周りに女性しかいない
営業職で出会いが多そうに思えるが、周りは既婚者のおじさんばかり
・エンジニアだから、周りに男しかない
・理系研究職、自衛官だから、周りは男ばっかり

・有名企業に勤めてるけど田舎だから出会いがない
田舎すぎてそもそも同世代の若者がいない

こうした状況であれば、職場に出会いを求めるのはキツイですよね。なので、行動範囲を広げなければいけないわけですよ。

また、休日も家から出ずに過ごす、昔からの友人としか飲まない、など交友関係の広がらない生活をしていると、出会いは増えていきません

なので、出会いがないと愚痴をこぼしている人は、まず自分の行動範囲に目を向けましょう。

1-2. 出会いの形式にこだわりが強い

漫画のような恋愛に憧れて、どこからかイケメンが現れて付き合えるんじゃないか?と思っている人に遭遇するんですが、それは無理です

よくカフェとかで「イケメンいないかな〜」と言ってる人たちがいるんですが、そんな夢を見ている間は出会いはきませんよ。

漫画「きょうは会社休みます」の世界は、二次元の世界でしか通用しません。

なので、お見合い、マッチングアプリなど、これまで「ありえない」と考えていた出会い方も積極的に試しましょう

日常に偶然の出会いはない

出会い方は、自然じゃなくてもいいのです。現に、海外ではマッチングアプリで付き合うのが当たり前になっていますからね

出会いの手段は増やしたほうがいいです。

また、出会おうと必死になりすぎるのもよくありません。有名な話ですが、欲しいものは手放した瞬間、リラックスした瞬間に生まれるのです。

なので、マッチングアプリで余裕を保ったまま、それ以外の出会いの場にリラックスしながら参加してみてください。

>>pairs(ペアーズ)などで実際会うのは怖い?不安を解消するために期間と注意点をまとめておく

ひょんなところに出会いがある

実際、僕はそうやって恋人を作ることができました。

一時期、中毒的にマッチングアプリを使って(研究して)いたんですが、それに疲れてしまったんですよ

そんな時に知人から女性を紹介してもらって飲みに行きました。結果、その女性と1ヶ月後に付き合うことになったんですよ

なので、出会いを求める際は必死にならず肩の力を抜きましょう。

>>「出会い系」とは違う女性無料の婚活サイト(アプリ)まとめ

1-3. 交友関係を広めてくれる友達が少ない

交友関係を広げる友達がいない人も、出会いが少なくなりがちです。

たとえ、家と職場の往復だけの人でも、社交性のある友達といれば、飲み会などに呼んでもらえて交友関係を広げることができます。

水野敬也さんの「LOVE理論」にも書いてありましたが、出会いを増やしたいなら、知り合いが多い人と仲良くなるのが一番です。なので、そういう人とつながっておくといいですよ

1-4. お願いできない

あと、「合コンして」のように気軽にお願いできない人も出会いの機会を損失しています。

異性の友達に「合コンしよう」と言えば、意外と開いてくれるものですよ。相手も出会いを求めている場合が多いですし。特に、職場に女性が多い友達にお願いすると、合コンしてもらいやすくなります。

なので、素直にお願いすることも意識してみましょう。

あと、正直に「いま婚活してるんだ」と宣言するのも有効です

発信する人には情報が集まるという言葉があるように、「婚活中」と伝えておけば、いろんな人を紹介してもらえたり、合コンしてもらえたりするようになるんですよ

2. 出会いを増やす方法

では、出会いがない人の特徴が分かったところで、それぞれへの対処法、つまり出会いを増やすための方法を紹介していきます。

2-1. 合コンにいく

これが一番メジャーな出会いの手段。前述したように、交友関係の広い友達や異性の友達にセッティングをお願いすれば、参加できます。

ただし、コスパが悪いのがネック。これは冒頭で紹介した婚活アプリを使ってみて思いました

>>婚活と恋活それぞれのおすすめのサイト(アプリ)を比較してランキングを作ってみた

友達がいなくても合コンに参加できる

なお、合コンを頼める相手がいない場合は、ラッシュという合コンセッティングサイトを使うと参加できるようになります

めんどうな幹事を代行してもらえるので、興味のある方は使ってみてください。

独身限定の合コンに参加してみるRush(ラッシュ)のサイト

2-2. 街コンにいく

最近だと、各地で街コンが開催されるようになりました。これのよさは、たくさんの異性に出会えることですね

合コンだと3~4人くらいにしか会えませんが、街コンであれば2桁レベルで会うことができます。

さらに、最近は集まる人の質も高くなっているようで、コスパのいいイベントになっています。当初は、集まる男女の質がしょぼいなんてことも言われてましたが、今はそんなことないようです。

実際、僕の友達も街コンで出会った女性と結婚しましたから、その先にもつながりやすくなっています。なので、出会いを増やしたいなら、「えくる」というサイトで各地の街コン情報を調べてみてください。

街コンに参加してみる>>「えくる」のサイト

2-3. 婚活パーティーに行ってみる

婚活パーティーも出会いの数を増やすのに向いています。1人1人としゃべる時間は少ないですが、接点を増やす意味では有効です

さらに、集まる相手も結婚意欲が高い人なので、真剣に結婚を考えている人にはありがたいサービス

こちらも婚活パーティーの情報を載せているサイトがあるので、ぜひチェックしてみてください。(すごいのだと安定した仕事の人(自衛隊員、公務員)に出会えることに特化した婚活パーティーもあります

婚活パーティーに参加してみる「YUCO」のサイト

2-4. 社会人サークルに入る

ランニングサークル、ボルタリングサークルなど、社会人同士が交流できるサークルに入るのも手です。

最近だと、Facebookグループなどでつながることは簡単になってますし、mixiコミュニティーも地味に盛り上がっているので、使ってみるといいですよ

あと、フットサル婚活なるものもあるので、運動が好きな人と出会いたいならそちらもぜひ。

趣味が近い人同士なので、すぐに打ち解けられますしね。運動以外だと、読書会などもあるので、いろいろと調べてみてください。

2-5. 料理教室に通う

最近は、料理合コンなるものもあるようで、料理教室が男女の出会いの場になっています。

料理教室の良さは、共同作業をすることにより、仲良くなりやすいこと。調理実習がそうでしたよね。一緒に料理をするだけで、それまで喋っていなかった女子と仲良くなれました。

また、料理教室であれば、話のネタに困る心配もありません。調理に必要なことを喋っていればいいわけですからね

なので、合コンや街コンでしゃべるのが苦手という人は、料理教室も出会いの場として考えてみましょう。

2-6. 個人フットサルにいく

最近だと、1人でもフットサルに参加することができます。「個サル」と呼ばれていて、フットサルをやりたい人が1人でフットサルコートに入って、そこに集まった人たちとボールを蹴りあうのです。

もちろん、各々は初対面。フットサルを通して交流していきます。

フットサル終わりには、飲みに行くこともあるようで、つながりもできます。ちなみに、初心者でも参加できるようですので、少しでも興味がある方はぜひ

あと、フットサル婚もあるのでそれに参加してみるのもいいですね。女子の初心者でも楽しめるそうですから

2-7. ボランティアを始める

最近だと、ゴミ拾いなどボランティアも合コンにつながっているようです。

ゴミ拾いも料理教室と同様、無理してしゃべる必要がないので、話が苦手な人に向いてますね。あと、ボランティアという目的があると、「婚活」の後ろめたさを感じずに出会うことができます

なので、「出会い目的」と思われるのは嫌だけど、異性と知り合いたいと考えている方は、挑戦してみましょう。

2-8. 相席居酒屋にいく

最近だと、店内で男女をマッチングしてくれる「相席居酒屋」というお店があります。

ルールは女性が無料で、飲み物代やご飯代はすべて男性が負担するというもの。男性にとっては非常に切ないサービスです。

>>「出会い系」とは違う女性無料の婚活サイト(アプリ)まとめ

いろんな人の感想を聞きましたが、相席居酒屋で出会ってそこから発展するケースは少ないみたいですね

タダ飯目的で来る女がいる

というのも、女性の質が低いらしいんですよ。

そもそも、女性は出会い目的というよりタダ飯をごちそうになるために来ている人がほとんど。

真剣に恋愛しようとは思ってないんですね

あと、「試しに来てみたかった」という動機の方もいるので、非常にコスパの悪い出会いの手段です。

地方なら有効活用できる

ただし、地方における相席居酒屋は良いそうです。地方は、ただでさえ出会いが少ないですから真剣に出会おうとする人が多いんだそうです。

実際、僕の知人も九州の相席居酒屋で出会った人と付き合っていました。なので、地方在住の方は行ってみるといいですね。

2-9. 行きつけの居酒屋・バーをつくる

行きつけのお店を作って、常連さん同士で仲良くなるという方法もあります。

実際、これでお客さん同士が結婚したという話も聞きました。(ハライチの澤部さんも今の奥さんとは行きつけのお店で出会ったそうです)

中には、お客さん同士をくっつけようとしてくれるマスターもいるので、そういう店に行ってもいいですね。

神田の焼肉屋がすごいらしい

ちなみに、神田には六花界(ろっかかい)という焼肉屋さんがあって、ここで出会いが生まれることが多いそうです。

その理由は、お店が狭く、七輪をみんなで共有して肉を焼くから。店の狭さをうまく利用して、お客さん同士の交流を生んでいるんですね

あと、バーのようなカウンター席のお店に行って、マスターと仲良くなり、異性を紹介してもらう人もいるそうです。こちらも試してみてください。

2-10. ナンパしやすい店でナンパする

また、銀座300BARのように、ナンパしやすい店でナンパするという方法もあります。この店は、女性もナンパされる目的できてるみたいです

なので、週末はギラギラした男性でいっぱいなんだとか。僕の友達もそれでナンパしまくってました。

レベルが高いかもしれませんが、手段の一つとして知っておきましょう。

2-11. ストリートナンパ

最も難易度が高いのが、これ。勇気がいるし、たくさん断られることになるので心が折れそうですが、ここで連絡先をゲットして恋愛を始める人もいるそうです。

ちなみに、ナンパ師曰く「断られるのは、数をこなせば慣れる」とのこと。

2-12. マッチングアプリなど、インターネットを使う

最近は、ネットを介して簡単に出会えるようになりました。これは、mixi、GREEぐらいから定着してきましたね。

mixiのコミュニティー、オフ会など出会う手段はたくさんあり、最近だと、TwitterなどのSNSを介した出会いも増えています

ただし、ネットを介した出会いで怖いのが相手の身元がわからないこと。基本的に、ネットは匿名文化ですから、会うまで相手の素性がわからないのは怖いですよね。

でも、今だとマッチングアプリという身元を知った上で出会えるサービスがあります

>>【評判】マッチングアプリ24この違いを比較したので、おすすめを書いておく

意外と美男美女が登録している

僕も最近、数人の方とお会いしましたが、相手の顔や仕事が事前にわかっていたので、あまり怖さはありませんでしたね

なので、出会いのない方には、マッチングアプリを全力でおすすめしておきます。

>>婚活と恋活それぞれのおすすめのサイト(アプリ)を比較してランキングを作ってみた

2-13. 趣味が共通している人が集まる会に行く

最近だと、渋谷にある「Bar Bossa (バール・ボッサ)」というお店のマスターがこういった会を開いてくれてるんですよ

その名も「知らない異性10人と出会って話す会」。

これは「音楽好き」「旅行好き」のような人たちが集まって話せます。先ほども書きましたが、趣味が共通してると話も盛り上がるのでこういったお店も探してみるといいですね

2-14. いきなりデートを使ってみる

いきなりデート

最近だと、「いきなりデート」というマッチングサービスも出てきています。

これは高スペックな男女が出会う場。マッチングはランダムですが、自動でマッチングされるので面倒なメッセージはいりません

いきなりデート参加者のスペック

これはマッチングアプリのやり取りに疲れた人に良さそうですね。実際、これをきっかけに付き合ったカップルもいるそうです

3. 出会いから発展させるためにやっておきたいこと

では、出会いを増やす方法がわかったところで、実際に出会ってそこから関係性を深めるためにやっておきたいことを紹介していきます。

せっかく出会っても、そこから先に進まなかったら意味ないですからね。ここでも対策が必要です。

3-1. 自分を磨いておく

これは主に外見に関して。整形しろとかそういう話でなく、清潔感を出す努力はしておこう、というお話です。

女性は清潔感のない男性がイヤらしいので、ヒゲは剃って、髪の毛もスッキリさせてから会うようにしましょう。(眉毛とか鼻毛もちゃんと処理しておきましょうね)

3-2. 服装は清潔感のある無難なものを

あと、服装も大事。清潔感のあるものを着るようにしましょう。服装選びが苦手な人は、とりあえず白シャツを着ておけば間違い無いですw

一番いけないのは、ファッション雑誌にあるような奇抜なファッションをマネることですね。あれは、おしゃれさん&イケメンだけに許されたものなので、マネはしないようにしましょう。

秋、冬であればシャツの上に黒のジャケットを着ておきましょう。下は、タイトなズボン。紺色のジーンズがハズレがなくていいですね。

3-3. 会話術を学んでおく

外見の次は中身です。

出会いの場で相手から「いいな」と思ってもらうには、楽しいコミュニケーションが必要です。そのためには、いろんなことを知っておく必要があります。

その1つが、女性としゃべるときは自分が話す必要はないということです。相手にしゃべってもらえばいいのです

会話を盛り上げるのに面白い話は必要ない

会話を盛り上げるとなると、自分が面白い話をしなきゃいけないのかな?と思う人が多いんですが、そんな必要はないです。

芸人でもない限り面白い話をずっとできる人はいません。それよりかは、女性にしゃべってもらったほうがずっと楽なのです。

「LOVE理論」という本に書いてあったのですが、女性は話を聞いてほしがる生き物なんだそうです

女性の愚痴を聞いておけばOK

そして、特に聞いてもらいたいのが「愚痴」なんだとか。

なので、女性と話すときは「大変じゃない?」をとりあえず使っておけばOKです

例えば、相手の仕事を聞いたら、「その仕事大変じゃない?」と言っておけば、相手はしゃべってくれます

あとは、「そうなんだ」とか相槌を打ったり、おうむ返しをしておけば会話は成立します。自分のことは、質問されたら話せばいいのです。

なので、いつも会話に困ってしまう方は、質問、「大変じゃない?」、相槌、おうむ返しを使ってみてください。そうすれば、相手に楽しいと思ってもらえます

あわせて読みたい記事

>>【評判】マッチングアプリ24この違いを比較したので、おすすめを書いておく

>>婚活と恋活それぞれのおすすめのサイト(アプリ)を比較してランキングを作ってみた

>>
【口コミ】pairs(ペアーズ)にサクラはいる?マッチングしたらどうすれば?実体験と2chを元に書いてみる