本日は、地味に気になることに答えておきます。

マッチングした相手への足あとについてです。結論から言うと、pairs(ペアーズ)、with、omiaiなどほとんどのアプリでは、マッチングした相手のプロフィールを見ても、「足あと」はつきません。

つまり、相手に「自分がプロフィールを見た」ということは知られません。

ですが、リクルートが運営するゼクシィ恋結びだけはなぜか足あとが残ります。ということで、今回はタイトルの件も含め「足あと」について考えていきます。

足あと活用でマッチングを増やせる

mixiあたりからネットサービスにつくようになった足あと。これは、相手にどんな人間があなたのプロフィールページを訪れたかを教えるもの。

これによって、どんな人間が自分に興味を示してくれているかわかるわけですね。

そして、マッチングアプリの場合、これをうまく活用することができるんですよ。例えば、足あとをつけてくれた相手に「いいね!」をつけるといった感じで。こうすると、相手からいいね!を返してもらう確率が高まるんです。

その理由は、足あとをつけてくれた時点で、自分に何らかの興味をもってくれている人だから。自分から検索していいね!をつける場合とは違うんですね。

このように、pairs、withなどでは「足あと」を活用して得をする場合もあります。しかし、その逆もあるんですよ。

それが、「足あと同じ人につけすぎてしまう問題」。

足あとを相手につけすぎると引かれる

これ、いいね!数が少ない時にやってしまいがちです。

例えば、気になる人を探しているとき、タイプの人を見つけていいね!をつけようとしても、もう使い切ってしまっているからいいね!できない。

そして、数日後、また検索しているときに、その人の顔を忘れてしまってつい、いいね!をつけてしまうなんてことがあるんですよ。

そうなると、相手の通知欄には、同じ人からの日をまたいだ足あとが残るようになるわけです。これ、相手からしたら気持ちのいいものではありません。

人によっては、ストーカーのように捉える人もいるでしょう。また、しつこい人認定される可能性もあります。

なので、「足あと同じ人につけすぎてしまう問題」はなんとしても防ぎたいところ。特に、距離を近づけたいと思っている人に対しては。

マッチングした人のプロフィールを見直して会話のネタを探すことがある

距離を近づけたい人、というのはもちろんマッチングした人ですね。で、マッチング後のやりとりで会話のネタがなくなったときに相手のプロフィールを見て、ネタを探すことってないですか?

僕は、よくあるんですよ。だから、そのたびに足あとがつくのは怖いなあと持っていたのです。

そこで、マッチングした後、足あとはつくのか調べてみたのでした。そしたら、いろんなアプリでつかないことが分かったのです。

現時点、マッチング後に足あとがつかないとわかっているのは、pairs、with、FaceMatch、omiaiです。(タップルはそもそも足あとがない)

ただし、ゼクシィ恋結びだけはマッチング後でも足あとがついてしまうんですよ。なので、このアプリを使う際はこういった点に注意しましょう。

おすすめ記事

こちら→http://pairs-with-omiai.com/2016/07/20/matching-app-pairs-with/
【評判】マッチングアプリを7つ比較したので、おすすめを書いておく