どうも。マッチングアプリ研究家の20代後半の男です。今回は、「ペアーズ」などの恋活アプリの現実、実際に会うまでの話を書いていきます。

ちなみに、会えたのは、ペアーズで9人、withで6人、Omiaiで3人です。withではやりとりを始めて12日で彼女ができました

ということで、その辺の詳細を書いていきます。

withなど実際に出会えたアプリを早速使いたい人はこちらからどうぞ>>http://pairs-with-omiai.com

※マッチングアプリの仕組みや基礎知識は以下の記事に書いているので、そちらを参考にしてください。

>>【口コミ・レビュー】Omiaiアプリの使い方、料金、2chの評判などを有料会員としてまとめておく

>>【評判・口コミ】恋活・婚活ができる出会いアプリ「with」で本当に出会えるのか検証してみた

pairs(ペアーズ)での現実

ペアーズの詳しい話は以下の記事に書いています。なので、本記事では、実際の評判(自分、相手から聞いた話)メインで書いていきます。

>>【体験記】pairs(ペアーズ)で会った女性9人とのその後まで書いてみる

サクラやネットワークビジネスやってる人はいなかった

女性と会う場所は基本的に居酒屋でした。(1度、カラオケでDVDを見たときがありましたが、それ以外は居酒屋でしたね)

あと、ペアーズ、with、Omiaiのアプリどれも初めて会う時は不安で、少し怖いと思っていたのですが、会った人みんながいい人で、そうした不安は不要とわかりました

また、ネットの口コミである「サクラ」や「業者、ネットワークビジネス」の人と遭遇することもありませんでしたね

1人目に会った女性Aさん

この方とは、2回飲みに行きました。そこで感じたのは、こんなにキレイで話しやすい人がペアーズに登録しているんだということ。

イメージとして、ペアーズを使うのは容姿に自信がなく、恋愛で困っている人だと思っていたので意外でしたね。

なお、Aさんは職場の人数が少なく、そもそも出会いがないためペアーズを利用しているようでした。(熱心には使っていなかった)

マッチングから会うまでは1ヶ月かかった

他の相手からくるメッセージは微妙で、マッチングしても会うことはあまりないと話していましたね

男性からくるメッセージに「あなたは?」のような質問がないんだそうです。相手が「僕は〜です」と答えて終わってしまうから、なんと返したらいいかわからないんだとか。

ちなみに、マッチングしてから会うまでの期間は1ヶ月ほどでした。今振り返ると、かなり特殊だったと思います。

諦める前に一応メッセージは送った方がいい

これだけ時間がかかった理由は、途中でメッセージが途切れたからです。諦めようかなとも思ったんですが、最後に「好きなアーティストの話題」を振ってみたんですよ

そしたら、連絡が来ました。

そのあとは、1日1通くらいのペースで送って、メッセージ再開から2週間後に会うことになったのです。

無料だからとりあえず使っている女性も

あと、予想ですが、Aさんは美人なのでそんなに焦ってない印象も受けました。本気出したら、すぐ彼氏できそうな方なので。

なお、Aさんがペアーズを始めたきっかけは知人がペアーズを使って恋人ができたからだそうです

このように、知り合いの口コミで始めるパターンもあるんですね。

>>【登録して17人と出会えた】コスパが良くて安全な婚活アプリ

2人目に会ったBさん

Bさんも同じ年くらいの女性。1度飲みに行っただけで進展はありませんでした。ペアーズを使ってちょこちょこ会ってはいるようですが、詳細は聞けませんでした。

BさんはLINEを交換した後、電話をかけてくる珍しいパターンの方でしたね

マッチングから会うまでにかかった期間は、3週間ほどです。(誘った時は、もっと早いタイミングで誘ってほしかったと語っていました)

3人目に会ったCさん

Cさんは一番長い期間会った方です。3回くらい会ったんですが、相手から連絡が来なくなって終わりましたね

結構いい感じだったので、相手にいい相手ができて連絡がなくなったパターンかなと。

マッチングから会うまでの期間は、2週間ほどでした。

Cさんの知人が悪徳業者につかまる

Cさんから聞いた話ですが、ペアーズに悪徳業者がいたそうです。(報告は1件)

それは、マッチングしてLINEに移行した後、「スマホの調子が悪いから、〇〇というサイトで連絡しよう」と提案して、そのサイトに有料登録させようとするもの

つまり、ペアーズとは別の有料サイトの中の人がサクラとしてペアーズに登録しているわけですね

そして、そういったサクラ(業者)アカウントは相手をペアーズ内でブロックして違反報告できないようにしてしまうんですよ。

ペアーズでのサクラ、業者は珍しい

この話を聞いたときは驚きましたね。だって、ペアーズは婚活・恋活アプリの中では一番安全で、そういったアカウントは存在しないと思っていたからです。

実際、僕はそういったアカウントに遭遇したことがありません

なので、これはホントに限られたケースですが、上記の場合もあるので警戒しておくに越したことはないですね。

>>【登録して17人と出会えた】コスパが良くて安全な婚活アプリ

会うまでの期間はマッチングから1週間〜1ヶ月

その後、6人と会いましたが、マッチングから最短で1週間で会えた人もいました。この期間は相手の「会うまでのスタンス」によって変わります。

じっくりメッセージを送ってから判断したい人や、まずは会ってみたい人がいるのです。その辺は、プロフィールにも表示されているので、そこを見て早めに誘うかどうか判断するといいですね。

ペアーズは女性が無料

なお、ここまで紹介してきたペアーズは女性が無料で使えるんですよ。なので、どんなものか試しに使ってみるといいですよ。

Facebookログインを使うので、友達にバレることはありませんし。(Facebookに勝手に投稿されることもありません)

男性でも基本的な機能は無料で使えるので、どんな女性とマッチングできるか試してみてください。

withでの現実

続いて、withの結果です。

>>withはどの婚活アプリよりもマッチングするのでおすすめです【Daigoさん監修】

6人と会いましたが、マッチングしてから会うまでの期間は3日〜3週間ほどでした

[2017年4月28日の追記]マッチングして3日で会えた方とは、マッチングから12日で付き合うことができました

12日で彼女ができたアプリを詳しく知る>>http://pairs-with-omiai.com

ということで、その話を詳しく追記してみます。(追記の文章なので、アルファベットがいきなりとんでいます)

Eさん「やりとりして12日で付き合うことができた」

withは数ヶ月有料会員として使った後、しばらくは無料に戻ってログインすらしてなかったんですが、お得な割引をしていることを知り、また有料会員になったのでした。

ちなみに、この頃はペアーズで有料会員になっていたものの、メッセージがめんどくさくなり真剣に使っていませんでした

マッチングしても会うまでのやりとりが長くて、しんどさを感じていた時期でした。

「まず会いましょう」と言ってもらえた

そんなタイミングで始めたwith。ここでもマッチングしてからのやりとりが苦痛で、有料会員になった事を少し後悔していました

こんな時にEさんとマッチングしました。Eさんとは、「お酒を飲むのが好き」という共通点があり、あっちから「飲みいきましょう」と言ってもらえて、行きつけの飲み屋さんに行くことになりました

そして、マッチングしてから3日後に会うことになったのです。

会って一気統合し、すぐに次の約束を取り付けた

1回目の飲みでは、お笑いや音楽の趣味が一緒であることもわかり、楽しく話すことができました。そして、帰り際にLINE交換して、そっちで連絡を取るようになりました。

LINEでは、その日のうちに次の約束を取り付け、数日後にまた会いました。そこでも楽しく過ごせて1週間以内に3回目の約束を取り付けることができました

正直、こんなにトントン拍子に進んだのは初めてだったので、驚いていましたね。

3回目で告白して付き合う

3回目に会う前は、告白するかどうか悩んでいました。というのも、また別の方と会う約束をしていたからです。なので、3回目の盛り上がり方次第で告白しようか考えていました。

で、その日も飲みにいったんですが、かなり楽しかったし、これは行くしかないということで告白しOKをもらって付き合うようになりました

なので、会う約束をしていた方には「ごめんなさい」と連絡を入れ、予定をキャンセルしました。

この世に相性はあると理解した

こうした体験を通して感じたのは、「相性ってあるんだな」ということ。

実はペアーズでも3回くらい会っていた人がいたんですが、その方と会っているときはなぜか「付き合うことはないんだろうな」と思っていました

ですが、Eさんと会っているときは、予定も趣味も合うし「付き合うことになるかも」とピンと来ていたんですよね。

まさに、相性。馬が合ったということですね。なので、僕同様、運命的に相性のいい人がいたら、告白した方がいいと思います。

12日で彼女ができたアプリはこちらからどうぞ>>http://pairs-with-omiai.com

Dさん「気軽に会うアプリとして使う」

まず始めて会ったDさん。この方とはマッチングしてからすぐに「会いましょう」となりました。(年上の方。アプリを使い始めたその日にマッチングした)

会う場所は東京のカフェ。そこで1時間ほどお茶をしました。

その方は、基本的にまず会ってみるというスタンスで、Tinderという出会いアプリでは女性とも交流を深めるために会っているようでした

このように、フランクに人と出会うアプリとして使う方もいるのだなあと勉強になりました。

会う約束をしていたけど、メッセージ欄から消えていた

とある趣味が同じ女性とは、一緒にライブを見に行く約束をしていました。そして、ライブが迫ってきたので、リマインドメールを送ろうとしたんですよ。

すると、約束をしていた女性がメッセージ欄から消えていたのです。

これは、ブロックされたかその女性が退会すると起こる現象。これは結構へこみましたね。

会う約束は1週間以内に

こうした経験をしたので、これからは「会おう」となったら1週間以内に約束を取り付けようと思えるようになりました。

僕の場合は、ライブに行こうとなってから1ヶ月後に約束を取り付けてしまったんですよね

それによって、相手に見限られたのかもしれません。

>>【登録して17人と出会えた】コスパが良くて安全な婚活アプリ

連絡もマメに返しておいた方がいい

あと、相手との連絡がマメでなかったことも要因ですね。

会うまでの間、相手から連絡をマメにもらえていたんですが、それへの返信が遅かったんですよね。(基本、即レスはしなかった)

マメでない人を嫌う人もいるので、これは気をつけなければなりません。(LINE交換したものの、LINEをマメに返さないため会うのをやめましょうと言われたこともあります

意外とおじさんからいいねが来る

マッチングアプリといえば、女性有利でそんなに努力をしなくても3桁のいいねがもらえることで有名ですが、いいねをくれる人の中には微妙な人もいるので数を信用しすぎないようにした方がいいそうです。

30代後半、40代くらいの人からもいいねが来るらしいんですよ。

withとかだとまだ少ないですが、ゼクシィ縁結びだと30代、40代の方が増えます

なので、そういった年代と出会いたいなら「縁結び」かそれと同じ年代のユーザーが多い「ユーブライド」を使ってみてください

30歳の女性でも美人がいる

Withを使って得た学びで大きかったのはこれ。僕、3つ以上年上の女性って敬遠していたのですが、一度マッチングして30歳の女性に会ってみたんですよ。

そしたら、かなり美人でこういった年代の方も検索条件に入れた方がいいと気づいたのです。

なので、20代の男性は検索で30歳くらいの人も候補にした方がいいですよ

たまに写真詐欺あり

マッチングアプリを通じてほとんどなかったんですが1度だけ写真と違いすぎる方に出会いました。

この時に失敗したのは全身写真を見ずに会うと決めてしまったことです。顔写真は可愛かったんですが、実際に会うと体型が予想していたのと違っていたんですよ

なので、みなさんが会うときは全身写真があるか、あるのであればその確認もしっかりしておきましょう。

2回目につながったのは1人だけ

なお、5人と会えたわけですが、2回会えたのは1人だけでした。

その方とは、趣味が共通していて1回目に会ったとき盛り上がり、また会うことになったのです。

ですが、2回目は物足りなさを感じました。あと、仕事に対するスタンスも合わなかったんですよ

こうした体験を通して気づいたのは、仕事への向き合い方に対する認識。これは職業などプロフィールでもだいたいわかるので、会う前に確認しておいた方がいいですね

withはマッチ数が最大

このように会う人数はマッチングアプリの中では最大だったwith。その前の段階のマッチ数も最大でした。

こうなる理由は、withに無料でいいねできる機会が多いからです。なので、まずいろんな人とマッチングしてみたいという方はwithを使ってみてください

こちらも女性が無料で、男性は基本的な機能を使うのは無料(マッチングまで)です。こちらもまずは試しで登録してみてください。

Omiaiでの現実

こちらは1ヶ月だけ使って3人と会うことができました。withやペアーズよりも有料会員になっていた時期が短いことを考えたら、上出来でしょう。

マッチングしてから会うまでの期間は1週間〜3週間くらい。中には、マッチングしてからすぐに「まず会いましょう」と言われることもありました。

積極的な相手だったので、若干怖さはありましたが、会ってみるといい人だとわかりました。他にあった2人もいい人で、サクラでもありませんでしたね。

Omiaiはペアーズとの違いを出そうと頑張っている

こちらは可もなく不可もなくという感じのアプリなので、まずは無料で使ってみるといいですね

最近だと、異性の検索画面に「タイムライン」などが新設されて、相手から発見してもらいやすくなりました

こうした独自機能もあるので、まだ使ったことがない方はとりあえず登録してみるといいですよ。

出会うまでの流れ

では、次に会うまでの流れを説明します。以下の通りです。(1~5の順序通りに進めていきます)

1. 適正な相手にいいねを送る
1.1 いいね返しされるためにやること

2. マッチングしてから
2.1 マッチング後のメッセージ
2.2 LINEにつなげるまで
2.3 会う約束までの持っていき方
2.4 お店決め(予約しておく)

3. サクラ対策(男性編)

4. ヤリチン対策(女性編)

5. 実際に会う
5.1 待ち合わせで大事なこと
5.2 ・会話する際に必要なこと
5.3 飲んだ後、アフターメール

では、説明していきます。

見込みのある相手にいいねを送る

まず会うまでに必要なのが見込みのありそうな相手にいいねを送ること。サービスに登録すると、30いいねもらえる(無料会員であっても)んですが、これを適当に使ってはダメです。

必ず、いいね返しをしてくれそうな人に向けて使いましょう。その際に必要な知識は以下の記事に書いているので、そちらを参考にしてください。

>>【マッチングアプリ】ペアーズ、omiai、withでいいねを女性からもらえない男がやるべきこと

>>pairs(ペアーズ)のいいねに関するまとめ【数の男女平均、もらえない原因、メッセージ付きいいね、減る理由】

この2つの記事には、いいね返しされるために必要なことも書いているので参考にしてみてください。

マッチングの確率を高めたいならメッセージ付きいいねを

なお、マッチング数を増やすためには、メッセージ付きいいねを送るのも効果的です。

>>pairs(ペアーズ)のいいねに関するまとめ【数の男女平均、もらえない原因、メッセージ付きいいね、減る理由】

この機能は、マッチブック(Matchbook)にあり、それを使ってマッチングを増やすことができました。

pairsやwithの「みてね」機能は効果がなかった

pairsなどには「みてね」という機能があります。これは一度いいねを送った相手に、再アピールできる機能。相手の画面に自分のプロフィール写真を3日間表示できるんですよ。

これ、効果があるのかなと思ってポイントを使って試してみたんですが、ダメでしたね。6人に送ったんですけど、どれも無反応でした。

この結果からわかったのは、どうしてもマッチングしたい相手がいるなら、最初からポイントを使ってでもメッセージ付きいいねを送るべきということ

あとで後悔しても遅いので、送る段階でポイントを惜しまずに使ってしまいましょう。そっちの方がマッチングの確率は上がりますから

>>【登録して17人と出会えた】コスパが良くて安全な婚活アプリ

マッチングしてからやるべきこと

では、いいね返しされた後の話もしていきましょうか。

お互いにいいねし合うとマッチングされ、そこからやりとりを進めて「相性がいいな」と思ったら実際に会うわけです。

つまり、マッチングしてからのやりとりが出会うために超重要ということです

なので、いい出会いにつなげるためにも以下の記事で書いていることは守りましょう。

>>pairsやwith、omiaiでマッチングした後、相手からメッセージ返信がない時に考えるべきこと

マッチングして即メッセする必要は無い

なお、マッチングしたら即メッセージを送ったほうがいいという人もいますが、ぼくはそうは思いません。というか、即レスすると、相手から引かれますよ。僕がそうですし。

相手から必死感が伝わってしまうと、その人とメッセするのをためらってしまうんですよね。なので、即レスは気にしなくていいです。

その日のうちにメッセージを送れば、マッチングから時間が空いても連絡は来ますから

なお、どんなメッセージを送ればいいかわからない方は、以下の記事を参考にするといいですよ。相手から返事が来やすいメッセージなどを紹介していますので。

>>【マッチングアプリ】ペアーズ、omiai、withでメッセージが続かない問題を解決!コツを紹介します

メッセージが来なくなっても焦らない

また、メッセージを重ねていくと、相手から連絡がこなくなる時があります。それまで普通にテンポよくラリーを重ねていたのに。

そんな時でも心配する必要はありません。原因を理解して、対策していけば以前のようにメッセージのやりとりをすることは可能です

実際、僕はそれでやりとりを復活させています。なので、その辺のノウハウは以下の記事を参考にしてください。

>>pairs(ペアーズ)やomiaiで相手から連絡が来なくなった時の対処法

複数の異性とやりとりしよう

なお、ペアーズなどでメッセージをやりとりするにあたって大事なことがあります。それは、一人に執着するのでなく、必ず複数人と同時にやりとりするということ。

これは、一人に執着して焦った状態でメッセージを送らないために必ず守ってください。どれだけ気に入っている異性がいてもです。

執着により生まれる焦りはいい結果をもたらなさいんですよ。

非モテコミットはやめよう

焦りが生まれると、「メッセージを送ったのに返ってこない。既読にならない…」と疑心暗鬼してしまいます。

こうなると、焦って「元気?」とか「メッセージ届いてる?」のように、相手からしたらうざいメールを送ってしまうことになります

これを防ぐためには、複数の異性を相手にして、余裕を持つ必要があるのです。実際、マッチングアプリでうまくいっている人は、「余裕」を大事にしています

余裕があれば、変なメッセージを送ることもないし、冷静に対処できるようになるので、結果うまくいきます。なので、この教えは必ず守ってください。

>>【登録して17人と出会えた】コスパが良くて安全な婚活アプリ

LINEの連絡先を聞くまでの期間

また、親交を深めるために、LINEでのやりとりに移行する場合があります。ここでもノウハウがあるのでまとめておきます。

まず移行する期間ですが、ペアーズ内でのメッセージで5ラリーしたら相手に「LINEでやりとりしませんか?」と提案してしまってOKです。

僕は最短で2ラリーで提案し、LINEを交換することができました(これはOmiaiにおいて)。ただし、この時は特殊なケースでした。

LINE交換までは意外と短くていい

その日が有料会員の更新日で翌月以降の会員自動更新を解除していたんですよ。

そういった状態だったので、事情を説明して「LINE交換しませんか?」と聞いてみました。そしたら、3人の方がOKしてくれたのです。(確率100%)

それまでは、会う約束をしてからLINEを交換していました。10ラリーくらいしないと移行できないと思っていたんですよ。

【追記】会う前のLINE交換は必要ない

でも、この1件で少しのやりとりでも交換OKなんだなと気づきました。なので、5ラリーくらいポンポン続いているのであればLINEを聞いてみてもいいでしょう。

それでダメでも、「だよね(笑)」みたいな感じで何事もなかったように、やりとりを続ければいいわけですし

この記事を書いてからいろんな人と会ってみて、LINE交換は不要だなと思いました。理由は2つです。

・LINEがなくても、会う場所の共有ができる
・LINE移行はめんどくさい

会ってから初めてLINEを交換すればいい

まず1つ目の理由ですが、会う場所(カフェ、居酒屋など)の情報、URLはペアーズの中で共有できるので、LINEを使わなくても困りません。

また、相手に「LINEのIDを教えて」と伝えて探してもらうのは手間です。

僕の場合、SIMフリーiPhoneを使っているので、IDでの検索ができません。自分のLINEのプロフィールページのURLを送らなければいけないのです。

スムーズに会うまでの約束を取り付けるために

こうしたやりとりが結構だるいし、相手がURLから友達追加してくれるまでに時間がかかっていたので、これをやめました。

そして、会ってからその場で「ふるふる」や「QRコード」で交換するようになりました。実際、これで困ることはないですし、楽です。

なので、会うまではペアーズだけでやりとりするようにしましょう。(LINE移行を提案したら、連絡が来なくなった事例もあったので、基本的にペアーズだけで完結するように)

>>【登録して17人と出会えた】コスパが良くて安全な婚活アプリ

「会おう」までのキッカケ作り

何気ないやり取りから「会おう」と提案するまでの流れですが、手法はシンプルで「食べ物の話をする」、これに限ります。

「食べ物は何が好き?」「どんなお酒が好き?」と聞けばOKです

あとは、「じゃ、それを食べに行こう。美味しい店知ってるから」「じゃ、そのお酒がたくさんあるお店に行こう」と提案すればOK

僕はこのやり方で会う約束をとりつけています。

合う目的を「おいしい食べ物」にすることが大切

ここで大事なのは、あくまで一緒にご飯に行く目的は「その料理、お酒」であって「自分」ではないということ。

まだ会ったこともない人と「デートにいく」と思うと気が引けてしまいますが、「美味しいご飯を食べに行く」という目的であれば、相手も気軽にOKしてくれます

なので、必ず「美味しい店知ってるから」とつけて、ご飯に誘いましょう

お店は自分が提案。予約もする

お店を提案する際は複数提示して、「どれがいい?」と聞くようにしましょう。選べる方が相手としては嬉しいですからね

なお、相手が「選べない」といってきたら、自分が一番おすすめできるお店を選びましょう。

もちろん、予約は必須です。当日、行ってみて入れなかったとかテンション下がりますからね。あなたの株も下がらないようにぜひとも。

※お店は行ったことがあるところの方がいいです。そっちの方が余計な不安を感じずに済みますから

>>【登録して17人と出会えた】コスパが良くて安全な婚活アプリ

最初から飲みに誘ってもOK

なお、「ヤリチンは最初から飲みに誘うから注意」と書いている3流記事がありますが、これは嘘です。僕は、そういう人間ではないにも関わらず、必ず最初は飲みに誘うようにしています。

それは、緊張を解き、少しでもリラックスして話せるようにするためです。

お酒はリラックス効果があるので、初対面同士でも時間が経てば楽しく話せるようになります。この効果は思った以上に大きいんですよ

逆に、お酒がない場合、普通にランチを食べてもお互い緊張してうまくしゃべれないと思うのです

なので、そういった3流記事は信用せず、堂々と飲みに誘いましょう。

サクラ対策(男性向け)

では、会う約束の話をしたところで、マッチングアプリにありがちなサクラにうまく対処する方法を書いておきます。

サクラに遭遇してしまうといいねや時間を無駄に使ってしまいますし、変なサイトに誘導されるなんて話も聞きますから、これから書くことを読んで見分けられるようにしておきましょう。

美人すぎる、バストトップで顔が隠れている写真は注意

美人すぎるプロフィール写真を使っているアカウントは注意が必要です。そういう写真て台湾人のモデル写真から簡単に持ってこれるんですよ

そして、広いものを使っていいねをたくさん集めようとするサクラ、業者アカウントがあるんです。なので、美人すぎたらすぐにいいねを押さず、他の要素(自己紹介など)も確認しましょう

あと、バストトップで顔が隠れている写真も注意が必要。これ、今まさに僕が遭遇してるサクラアカウントが使っています。(マッチブックにて)

突然、いいねが送られてきたので「ありがとう」を送ったんですが、素性をあまり明かさずにLINEに移行しようとしてるんですよ。

顔も出してないし、怪しいと思って連絡を返してませんが、これはおそらくサクラでしょう。なので、顔が見えない相手は信用しないほうがいいです。

Facebookの友達が少ない

Facebookの友達数が少ない場合も警戒したほうがいですね。そのアカウントは、友達が「40人以上」でした。

マッチングアプリのルールとして、友達数10人以上じゃないと登録できないとあるんですが、それをくぐり抜けるために頑張って増やしたのでしょう。

ちなみに、Facebookで10人以上友達を増やすのは難しくなくて、プロフィール写真をモデルさんっぽくしておけば、おじさんが友達になってくれます。(こっちから友達申請を送る)

facebookの友達は以外と簡単に増やせる

また、美容師を利用することでも友達を増やせるんです。なぜなら、美容師系の人たちって全然知らない人でも友達申請を承認してくれるから

この法則を利用して、僕がpairs用に作ったFacebookアカウントでは100人弱の友達がいます。

なので、Facebookの友達数が50人以下だったらサクラと疑いましょう。

プロフィールがほとんど埋まっていない

これも、いま遭遇しているサクラアカウントの特徴なんですが、プロフィールがほとんど埋まっていないんですよ。

埋まっているのは、ニックネーム、居住地、年齢、性格だけ。

この状態で、顔写真がなく、Facebookの友達数も少なくてという状況なら、サクラと確定してしまっていいでしょう

ムダないいねと時間を使わないためにも、こうしたことは覚えておきましょう。

>>【登録して17人と出会えた】コスパが良くて安全な婚活アプリ

ヤリチン対策(女性向け)

女性であれば、ヤリ目的の男にひっかからないようにすることも必要です。

これらにも特徴があるので、それを知った上で相手と連絡を取るようにしましょう。なお、この特徴はpairsを研究するために作った女性アカウントでログインして気づいたことです。

では書いていきますね。

年収がやたら高い、役員

まず怪しいのが年収1000万〜2000万、2000万以上の人たち。そして、肩書きが「会社役員」の人たち。

このように、スペックが高い人たちが女性に困っているわけがありません。パーティーとかでたくさんの女性と出会えているはずですし

なので、こういった人たちは遊び目的で使っている可能性が高いです

しかも、彼らって日焼けしてたりでやんちゃな感じがするんですよ。おそらくチャラいので、これらの特徴を満たした人がいたら、気をつけましょう。

盛れてる写真が複数枚ある

あと、こういう人たちは、盛れてる(写りの良い)写真を複数プロフィールに設定しています。

僕、そういう写真を複数枚上げることはないし、なんか恥ずかしくて無理なので、僕と性格が対極の人間がそういった設定をしているんだと思います。

これも気をつけましょう。

すぐに会おうと言ってくる

これも危険ですね。よく被害として聞かれるのが、このパターンです。

男性であっても、やはり最初はいろいろと話してから会いたいと思うものです。なので、いきなり会おうと言ってくる人は危険ですね。

また、すぐにLINEで交換しようとする人も警戒する必要がありますね。こちらも覚えておきましょう。

>>【登録して17人と出会えた】コスパが良くて安全な婚活アプリ

会う当日にすべきこと

では本題へ。

会う約束をしたら、お店を決めて予約し当日を迎えるわけですが、それまでにやっておくべきことがあります。

それは、リマインドの連絡を入れることです。必ず、前日に「明日はよろしく」の連絡をするようにしましょう

顔も合わせたこともない人と初めて会うのですから、相手は不安なはずです。「本当にくるんだろうか、ドタキャンされないだろうか」と

そうした不安を解消してあげるためにも、前日のリマインドは必須です。

当日の服装は一応伝えておく

あと、集合前に、その日の服装を伝える連絡もしておいたほうがいいです。

ペアーズなどでは、顔写真を出していますが、イメージと違ってわからないなんてこともあります。服装を伝えていればそうなることはないので、こちらも必ず

お互い、服装を知っていた方が声をかけやすいですしね。

会話で大切なこと

合流もうまくいくと、いざ本番。ご飯を食べる時間です。

このときに大事なのが会話。これで苦戦する人もいるようなので、必要な知識も覚えておきましょう。

自分から面白い話をする必要はない

まず知っておきたいのが、面白い話をして盛り上げる必要はないということ。というか、大事なのは相手に気持ち良くしゃべってもらうことです。

喋りのうまくない人が、笑いを取ろうとか、盛り上げようとすると、だいたいスベるので無理はしないほうがいいです

それよりは、聞き手に回って喋ってもらった方が失敗する可能性は低くなります。こっちの方が楽ですしね。

「大変じゃない?」という万能フレーズ

では、どのように喋ってもらえばいいか、そこで効果を発揮するのが「大変じゃない?」というフレーズです。

これは、「LOVE理論」という本で紹介されていたフレーズ。これと相づち(わかるよ)、おうむ返しがあれば、会話は成立し、ちゃんとやりとりを続けることができるんです。

そもそも女性は、グチを聞いてもらいたがる生き物らしく、それを聞いてあげていれば相手は満足するんだそうです

そして、そのグチを引き出すのに便利なのが「大変じゃない?」なのです。

例えば、「仕事、大変じゃない?」「一人暮らし、大変じゃない?」「長女って大変じゃない?」といった感じで使うといいです

すると、相手は「そうなの」と勝手に喋ってくれますから、あとは相づちを打っていればOK。これで話し下手でも会話を続けられるんですよ。

自分のことをしゃべることも必要

ただし、聞くだけじゃだめです。自分のこともある程度はしゃべらないと、相手の印象には残りません。なので、自分のことを話すこともお忘れなく。

タイミングとしては、相手と共通の趣味について話す時がいいいですね。例えば、「好きなアーティストが共通しているのであれば、自分が好きな曲を言う」といった感じで。

このようにして、うまくバランスをとって会話を進めましょう。

>>【登録して17人と出会えた】コスパが良くて安全な婚活アプリ

男性なら多めに払おう

会計の際に困るのが、ワリカンでいいのか?それとも男性が多めに払うのか?ということ。

これは、相手によるんですが、男性であれば多めに払った方がいいです。女性は、メイク道具などいろいろとお金がかかっているのです

僕は、自分から誘った場合は、全額払うようにしていたんですが、それだと気を使ってしまう人もいるようなので、相手には少額でも出してもらうようにしました。

相手に出してもらうのは、マックスでも2000円に抑えたいところですね

ご飯を食べた後のやりとり

ご飯を食べて、バイバイした後のアフターメール(LINE)は必ず送るようにしましょう。相手から来る場合もありますが、自分から送った方が印象がいいです

なお、どれだけ飲み会がつまらなくても送っておきましょう。これはマナーと考えておくといいです。

送る時間は別れてから1時間ほど経ってから。相手が家に着いたくらいの時間がいいですね

顔を知った上で会うのは怖くない

ここまで、ペアーズなどのマッチングアプリで実際に会うまでの流れを説明してきました。ここまで書いてきたことを覚えておけば、失敗することはほとんどないです。

あと、ペアーズとかを使って会うのは不安だったんですが、回を重ねるにつれて慣れてきました。

なので、会うことが怖いと思っていた方は、心配せずに連絡をとって会ってみましょう

あわせて読みたい

なお、マッチングアプリでいい相手を見つけるためには、複数使ってみるのがいいです。アプリごとに出会える相手は異なるので、まずはいくつも無料で使ってみてピンときたものをメインで使っていきましょう

その際は、以下の記事が参考になりますよ。

【評判】マッチングアプリ14この違いを比較したので、おすすめを書いておく

そして、この中でオススメできるのがpairsとwithです。この2つでは今でも有料会員になってます。記事でもその良さを書いています。

もちろん、その内容も読んでほしいんですが、説明がいらないくらい良いアプリなので、早く使いたい方は以下のリンクからすぐに登録してしまってOKです。



>>pairsの利用はこちらから


>>withの利用はこちらから

※もちろん、登録は無料でマッチングするまでは無料で使えます(女性は完全無料)