どうも。マッチングアプリ6つで有料会員になっている20代後半の男です。本日は、マッチングアプリでいいね!されるために必要なプロフィール写真、自己紹介の文章について書いていきます。

これで損してる人がけっこういるので、いいね!が少ないなと感じている方は参考にしてみてください。

ちなみに、これから紹介する方法は、僕がいろいろと実験して得られた結果です。これによって、いいね!をもらえる数も増えたので、効果があります。

それではどうぞ。

写真はイケメンじゃなくてもOK

まずこの前提は把握しておきましょう。たくさんいいね!がつくユーザーは必ずしもイケメンというわけではありません。

普通の人でも、ちゃんとした写真を設定すればいいね!されるんですよ。では、そのために必要な条件を書いておきます。

1. 笑顔の写真

まずこれ。基本ですね。

そもそも、ネットを介した出会いというもの自体、怖いことなので、写真で安心感を与えないといいね!はしてもらえません。

なので、まずは女性に「この人は安心できる人だ」と思ってもらう必要があるんですよ。そのために必要なのが笑顔です。

実際、これは効果的でした。最初、これいけてんじゃね?という写真(笑顔じゃない、一枚はにらんでるように見える写真も)を設定してたんですが、それに全くいいね!がつかなかったんですよ。

そこで、笑顔の写真をプロフィールに設定したのです。そしたら、いいね!がつくようになったんですよ。その笑顔の写真がそんなにいけてないのにも関わらずw

2. 明るい写真を

あと、明るさ、輝度も大事ですね。やはり、青空の下など明るいところでとった写真のほうがいいです。それも、信用の話につながります。

よく、フリーランスや個人でビジネスをしている人のプロフィール写真で背景が青のやつを見かけますが、あれが示すように明るいところで撮影された写真て人を信用させる力があるんですよ。

逆に、暗いところでとった写真はダメです。僕も、暗いお店でとった写真を載せていたんですが、飯能が全然ダメでした。

なので、必ずフラッシュがたかれたような、明るい写真を使うようにしましょう。

そういった写真がないという方でも、加工アプリを使えば写真は明るくできますので、工夫してみてください。

3. アップ過ぎない写真

これ、顔がよくわかるからいいと思ってたんですが、女性からは不評です。なんか、アップすぎると気持ち悪いみたいですw

なので、写真は胸より上が映るくらい引いてある写真を使いましょう。

4. 趣味に取り組んでいる写真を

あと、趣味にとりくんでいる様子の写真も受けますね。ぼくも、運動している様子を載せたら、反応が良くなりました。

例えば、野球、ランニング、フットサル、カメラを持っている、フェスにいっている様子のように。

これはあれなんですかね。高校時代、部活をやってる男子とか、クラスマッチで活躍してる男子がモテていた現象の一環だと思われます。

何かに夢中になっている男性は魅力的に見えるんでしょうね。なので、趣味にとりくんでいる写真も載せておきましょう。

5. 仕事している様子の写真(またはスーツ)

スーツ男子最強説が有名ですが、やはり仕事をしている様子は受けます。それで、ぼくもパソコンを触っている写真を載せていますからw

なので、スーツを着ない仕事(エンジニア、デザイナー)をしてる方は、パソコンとかを触っている写真も載せておくといいですよ。

それか、結婚式でスーツを着ている写真があるなら、それを使っておきましょう。やはりスーツは鉄板です。

もちろん、営業職などスーツを着て仕事をしている方は、その様子を写真にとってもらってプロフィール写真に設定しましょう。

6. 趣味がわかる写真を

あと、趣味が何かわかる写真も重要です。これは、顔や体が写っていなくてもOK。

例えば、野球(サッカー)観戦が好きならば、スタジアムの写真。フェスに行くのが好きならば、現地の写真。好きなアーティストがいるならば、CDのジャケットなどをプロフィールに入れておきましょう。

これをやれば、直感的に趣味を理解してもらえます。もちろん、自己紹介文にも趣味は書くんですが、それを読んでもらえるとは限りませんから、よりわかりやすくアピールできるように、趣味の写真を設定しておきましょう。

これ、男側としても女性の写真を見る際にも有効だと思っていて、趣味の写真を載せてる人って、「いいな」って思うんですよね。その人と同じ趣味の場合に限りですが。

なので、これもぜひ。

プロフィールは自己紹介文が重要

それでは、写真における大事なところがわかったところで、次はプロフィールのテキストの部分です。その中で特に重要な自己紹介文を詳しく書いていきますね。

1. 自己紹介文は数百文字レベルで書く

初心者がやってしまいがちなのが、2~3行で終わっている自己紹介。これじゃ自分の人となりや魅力は伝えられません。

相手は貴重な時間を使ってあなたのプロフィールを見てくれているのです。そんな状態で、手を抜いたような文章を読んだらどんな気持ちになるでしょうか。

絶対がっかりしますよね。そんな適当な紹介文でいいね!を押してもらえるのは年収1000万円超えの超絶イケメンだけです。

なので、自己紹介文は数百文字レベルで充実させましょう。

女性のぐっとくる紹介文をマネしよう

あと、自己紹介文は逆の立場になって書くといいですね。あなたが女性の自己紹介文を見るとき、どんな文章にいいと思うでしょうか?

おそらく、趣味や仕事、恋愛感、結婚への認識など詳しく書いてくれている人をいいと思いますよね。

たとえ、超美人でも数行の自己紹介文だったら、人柄がわからないし、いいね!を押したくはなりませんよね。

なので、自己紹介文を書くときは女性のいいものを真似しましょう。

趣味、仕事、結婚観は最低限書くべき

なお、自己紹介文を充実させる際は、この3つを書いておきましょう。そもそも、これを書く意味は、相手から共感してもらうこと、共通点を見つけてもらうことです。

どれだけイケメンでも、やはり共通点がないといいね!は押せないわけです。その後のメッセージでも何を話したらいいかわからないですしね。

しかも、今後付き合っていくことを考えるなら、趣味は同じ方がいいですよね。

また、結婚を考えると仕事も大事になってきます。生活をしていくには、やはりお金は気にしなければいけません。なので、相手としてはどんな仕事をしているかも気にしますよね。

あと、30歳近い方であれば結婚も意識します。なので、その辺の考え(共働き、子育て)も書いておくと良いでしょう。

2. 自己紹介文は淡々と書いてはいけない

では、自己紹介文の具体的なテクニックを書いておきます。

まず、淡々と書くのはやめましょう。例えば、以下のように。

趣味は、フットサル、音楽を聞くこと、ご飯を食べることです。

これだと、読み手からしたら「それだけ?」と思ってしまうんですよ。だって、こんな文章いろんなところで見ますよね。無難というか。何も伝わってこないわけですよ。

なので、もっと詳しくあなたのキャラクターが伝わるように書きましょう。例えば、以下のように。

趣味はフットサルで週末は、大学時代の友人とチームを組んでボールを蹴っています!その後の飲みも大好きです。

音楽はフェスに行くくらい好きで、バンプはライブにも行きます!アルバムは『jupiter』が好きです。一緒にフェスにも行きたいので、音楽が好きな人と仲良くなれると嬉しいです。

ご飯にも命をかけていて(笑)、お酒を飲みながらおいしいものを食べるのが好きです!最近は、恵比寿のお店を開拓しているので、いいお店を教えてもらえるとすごく喜びます。一緒にお酒を飲みに行ける人がいいかなと思います。

これくらいは必要ですよね。これなら、淡白な感じがしないし、趣味に関しても「本当に好きなんだな」と思ってもらえます。

あと、同じ趣味を持った人からも、共感されそうな要素を盛り込んでいるので、いいね!もされやすいです。

なお、自己紹介文を書くときは、相手がメッセージの時にネタにしやすいか?を考えるといいです。例えば、上記のようなプロフィールを書いておけば、メッセで「私も恵比寿にはよく読みに行っていて、Aというお店が好きです」のように会話を展開して行きやすいですよね。

あと、いいね!をためらう理由の1つに、「自己紹介文に会話のキッカケになるものがない」というのはあるので、この辺も意識しておきましょう。

3. !なども使って明るく

あと、「!」も適度に使ってポップな文章に仕上げましょう。文末を「。」だけにしておくと味気ない印象を抱かれてしまいます。

人気者になるには、最低限のポップさ、明るさは必要なのです。実際、たくさんいいね!が集まっている人の紹介文には、ほどよく「!」が使われています。

omiaiというマッチングアプリでは、同性の人気プロフィールが見れるんですが、その人は「!」とか「笑」の使い方がうまかったです。(超絶イケメンでもなかったので、これは有効なはず)

なので、こうしたテクニックも使いましょう。

4. 自慢はいらない

あと、僕がやってしまっていたのが、自慢を書くこと。女性はステータスを気にいるのかもと思って、全国各地を渡り歩いていることを書いていたんですよ。

その時の反応が全然だったんですよ。いいね!が全然つかなかった。

そこで、実際に会話するときのことを考えて、相手が共感できるようなことを入れるようにしたんです。すると、いいね!されるようになっていきました。

なので、自己紹介文は共感できるポイントを入れるようにしましょう。

年収、身長なども有利になる

では、自己紹介文の説明が終わったところで、それ以外の項目についてお話しておきます。年収や身長を入力する部分についてです。

ちなみに、これのことを僕はサブ項目と呼んでいるんですが、サブ項目は全部埋めた方がいいです。

なぜならば、全部入力すると、威勢の検索画面の上位に表示されやすくなるからです。これは、運営側が明示していることなので、事実です。

では、具体的に、特に評価対象となるサブ項目を紹介していきます。

1. 世の中、お金じゃないというけれど、、

まず年収は見られます。年収「600万円以上」と絞って検索する女性が結構いるらしいんですよw

世の中、金じゃないとは言いますが、意外とシビア。なので、年収560万くらいなのであれば、プロフィールは「年収600万円以上」としておくといいです。

ちなみに、年収は600万円以上であれば、そんなに優劣はつかないようです。ぼくは、「年収600~800万円」から「年収800~1000万円」に変えていいね数の変化を見たんですが、変わりなかったんですよ。

こうしたことも知っておきましょう。

やはり安定した仕事が人気

職業もいいね!に影響を与えます。やはり、大企業、公務員の人が人気になるようです。

あるマッチングアプリで、女性ユーザーとして登録したんですが、上位に出る(いいね!が多い)ユーザーは安定してそうな職業の人たちでした。

僕は、そういった仕事でないので、この現実を知った時は悲しくなりましたねw

趣味、初婚か?、身長も見られる

細かいところだと、趣味も大きな評価要素とのこと。リア充な趣味の人も人気になりやすいようです。例えば、フットサル、フェス、BBQなど。

やはり、この辺もポップさが重要になるんですね。

また、初婚かどうかも見られます。予想通り、初婚の人の方が人気ですね。あと、身長で170cm以上と条件を絞る人もいるので、身長もバカにできない要素です。

こういった知識も確実に押さえておきましょう。

コミュニティーに入れ

では、自己紹介以外の話を。

いいね!を増やすには、まだやれることがたくさんあります。それが、コミュニティーに入ること。

ペアーズなどには、mixiコミュニティーのような機能があるんですよ。例えば、「お酒好き」「Jリーグ好き」「カフェ好き」のように。

ここで同じコミュニティーに入っている人は趣味が近いわけですから、いいね!すると、いいね返ししてもらいやすくなるのです。

なので、チャンスを広げるためにもコミュニティーにはたくさん入っておきましょう。なお、検索条件を絞るのでなく、コミュニティーの中から異性を探すのも有効な手段です。

足あとをつけろ

コミュニティーに入ったら、やるべきことがあります。それは、気になった人のプロフィールページに行き、足あとをつけること。

マッチングアプリにも、mixiのような足あと機能があって、自分のプロフィールページを訪れたことを伝えることができるんですよ。

こうすることで、まず自分という存在を認識してもらえます。そして、アイコンなどがよければプロフィールページに来てもらって、自己紹介文を読んでもらえるんです。

そして、もし気に入ってもらえば、いいねをしてもらえる可能性もあるのです。

というか、同じコミュニティーに入っているのですから、趣味はおそらく似ていますよね。なので、共感の部分については大丈夫。

あとは、相手の残りいいね!次第というわけです。

この方法も出会いの数を増やすためにやっておきたいですね。特に、自分が使えるいいね!がなくなったときに試したい方法です。

プレミアムオプションを使ってみる

ペアーズには、プレミアムオプションがあり、通常の月額料金に加えて2,980円をプラスで払うと、一般有料会員よりも手厚い待遇が受けられます。

それは、以下の3つ。

・いいね数20追加
・足あとを無制限に見れる
・プロフィール検索で上位に表示される

僕も、入っているのですが、そのおかげで登録2週間で50ほどのいいねをもらうことができました。なので、ちょっと一般有料会員でやってみて、慣れてきたら、プレミアムオプションを試してみるといいですよ。

先程も説明した通り、マッチングアプリでは足あとが肝になるので。これが全て観れるのは大きいですからね(通常は5人しか見れない)。

テクニックを使ってマッチングを増やそう

紹介してきたテクニックを使えば、「女性からいいねがもらえない」と悩んでいた男性も、もらえる数を増やせます。ぜひ試してみてください。

ちなみに、僕が特によく使っているマッチングアプリは以下の2つ。7つほど使ってみましたが、この2つが最も良かったです。

ぜひ使ってみてください。

恋愛・婚活マッチングサービスwith

【pairs】

あわせて読みたい

【評判】マッチングアプリを7つ比較したので、おすすめを書いておく
こちらから>http://pairs-with-omiai.com/2016/07/20/matching-app-pairs-with/