こんにちは。今回は、婚活をしている人たちがよく使っている「FO」、「CO」という言葉について解説してみます。

ネットの婚活体験記事やTwitterで「なにそれ?」と思っていた方の助けになれたら嬉しいです。


「FO」はフェードアウト。「CO」はカットアウト

意味はタイトルの通りです。

FO(フェードアウト)は、連絡を取っていた相手から徐々に遠ざかること

CO(カットアウト)は連絡を取っていた相手からすぐに、一瞬で遠ざかること

これらは2ちゃんなどのネット用語のようです。僕がみる限りCOはあまり使われない感じですが。

ちなみに、FOの方をTwitterのタイムラインなどでよく目にします。

関連記事:【12日で彼女ができた】トータル18人と会えた婚活アプリまとめ

婚活は顧客の奪い合い(ビジネスと同じ)

このような、FOが起きてしまう背景には、婚活における競争があります。

マッチングアプリや婚活アプリでは、気があうなと思った相手がいればマッチングしてメッセージを送り合うわけですが、そういった相手が1人になることは珍しいです。

ほぼ間違いなく、いろんな人が複数人とメッセージのやり取りをしているはずです。(僕もそうです)

そして、いい人が見つかる、もしくは恋人ができれば、それ以外の人との連絡を絶ってしまうんですよ。僕もそれをやられたことがあります。

連絡する人としない人の2種類がいる

なお、このFO(フェードアウト)には「いい人が見つかったので、連絡を絶ちます。ごめんなさい」と連絡をくれる人と、くれない人の2種類がいます。

僕はこの2つを経験しています。

で、どっちもされてみての感想ですが、連絡されない方がダメージが少なくて助かりますね。

「フェードアウトします。ごめんなさい」は傷つく

一度、メッセージを何度も続けていて会う約束もしていた相手から、「アプリで気になる人ができたので、会えなくなりました。すいません」とFOを告げるメッセージが来ました

相手からしたら礼儀のつもりなんでしょうが、明確に言語化されると傷つきます。なので、僕は連絡なしにフェードアウトされた方がいいですね。

こうした経験をして辛さを知ったので、僕はフェードアウトする際、何も連絡しないようにしています。(会う約束をしているなら、もちろんキャンセルの連絡はしないとダメ)

FO(フェードアウト)されたら諦める

なお、こうやって連絡を絶たれたら、もう諦めるしかありません。

連絡が来なくなって、ザオラルメール(スタンプなどで「?」を送る手法)をやる手もありますが、そこに依存してもしょうがないので、別の相手に行くしかないです。

相手は他にもたくさんいるのですから、諦めてもっといい相手を見つけましょう。

※他のアプリを使って選択肢を広げると諦めもつくようになります>>12日で彼女ができた婚活アプリ

無理にたくさんの人と連絡をとる必要はない

なお、相手に申し訳なくて、かわいそうでFO(フェードアウト)できない人もいますが、相手に「脈がない」と思っているなら、FOしてしまった方がいいです。

連絡を続けることによって、相手に変に興味を持たせるわけですから。

相手の幸せを真剣に考えているなら、「自分以外のいい相手を見つけてね」という意味でFOするべきです。

この辺は、お人好しがやってしまうことですが、気をつけましょう。