どうも。10以上のマッチングアプリで有用会員になってきた28歳の男です。

この記事では、withの最新機能をまとめていきます。

>>【評判・口コミ】恋活・婚活ができる出会いアプリ「with」で本当に出会えるのか検証してみた

これらの記事の補足をする感じですね。

>>【評判】マッチングアプリの違いを比較!おすすめ4つの感想を書いておく

>>19人と会えて、12日で彼女ができた!安全で友達にもバレない無料のマッチングアプリ

相性診断、性格タイプ、好み、本日のおすすめ女性、効果のレポート機能、フェチなどがある

僕が使い始めてから出てきたので、一番の肝はやはりDaiGoさん監修の無料相性診断ですね。

この診断を受けると、自分がどんなタイプかわかり、そのタイプと相性のいい女性が検索ページで探せるようになります。

これまであったのだと、「夏の過ごし方」「相手が異性絡む許容度」「デートは屋内?屋外?」など。

相性のいい相手には無料いいねできる

そして、相性のいい相手には無料でいいねできるのです。(1日10件まで)

これによって、性格の会う相手とマッチングできるわけです。

実際、マッチ数ではペアーズより、withの方が多い気がします。

>>【朗報】pairs(ペアーズ)で友達にばれることは完全になくなりました!プライベートモードが登場

性格タイプがプロフィールに表示されている

あと、相手の性格がプロフィールに表示されるようになったのも、いいですね。

これも無料診断でわかり、相手の性格を客観的に見れます。

これはパンシーが真似した機能ですねw

>>【評判、口コミ】マッチングアプリ「Pancy(パンシー)」の感想「オススメしない」(性格・価値観で異性を探せます)

好み(コミュニティ)機能

この機能が出る前も、「お酒好き」のような自分の興味をアピールする機能はあったのですが、

ペアーズタップル誕生のコミュニティほど充実してなかったんですよね。

ですが、「好み」機能の登場により、趣味の合う相手が探しやすくなりました。

ペアーズなどと違って、一言足せるのがいい

withのコミュニティはペアーズのよりも優れています(または、Omiaiのキーワード)。

Withの「好み」では、一言加えてプロフィールに表示しておけるんですよ

たとえば、「フェス好き」という好みを登録していれば、そこに「バンドはサカナクションが好きです」と書いておけるのです。

これによって、共通の趣味が見つかりやすくなるんですね。

本日のおすすめ女性でアクティブ会員がわかる

あと、おすすめ女性の提案もありますね。

これは、年齢確認が済んでいる女性が何人か表示されて、無料いいねを毎日送れる機能。

おそらく、ログイン時間が24時間以内の女性が表示されるようになっているため、アクティブな会員が提案されてきます。

withレポート提出で5万円のギフト券プレゼント

あと、アプリ内で実際に付き合った人、結婚した人のレポートが読めるようになりました。

なお、レポート投稿者は最大5万円のギフト券がもらえるそうです。

以下、付き合った人の事例。

・男性38歳、女性31歳

・男性22歳、女性23歳

・男性、女性ともに25歳

・男性29歳、女性30歳

・男性30歳、女性28歳

・男性34歳、女性28歳

好みに「フェチ」などの特集がある

他だと、好み機能から盛り上がりそうなものを選んでピックアップする機能も始まりましたね。

これは、ペアーズの月間コミュニティのような感じ。

2月は「フェチ」がピックアップされ、「声フェチ」同士でつながれるようにされていました。

こんな感じで、共通の感性を持った人がつながれるようになっています。

ペアーズとの違い「ブロック後の足跡の増え方」

細かいところですが、こちらも書いておきます。

>>pairs(ペアーズ)やomiaiでマッチング後は足跡がつかない?メッセージこないけど、どうすれば?に答えておく

ペアーズ、with同様、プレミアムプランでない限り、足跡は5件までしか見れません。

ただ、ペアーズでは「もう見たくない」と思った人を非表示・ブロックすれば、それ以前に足跡をつけていた人を確認できるんですよ。

withでは非表示・ブロックしても前の人の足跡が表示されない

一方、withではそれができません。

1人を非表示・ブロックした場合、足跡には4人しか表示されないのです。

なので、こういった仕様の違いも理解しておくといいですね。

関連記事

【口コミ】ネット婚活体験談のブログ運営者として使ったサイト、注意点をまとめておく

>>出会い系アプリのサクラの特徴とは?その手口や見分け方を書いておく

>>【口コミ・評判】Daigo監修のマッチングアプリ「with(ウィズ)」にサクラはいるのか調べてみた