どうも。10以上のマッチングアプリで有料会員になってきた28歳の男です。

今回は、Tinder創業者の1人(女性)が作った出会いアプリ「Bumble」を紹介します。

結論から言うと、あまりオススメできるアプリではないので、以下の動画で紹介している「ペアーズ」を使った方がいいです。

女性が「女性目線で」作ったアプリ

なお、創業者の女性は、同僚から「セクハラの一貫」で降格させられて辞めたらしく、女性ならではの視点をアプリに入れています。

というわけで、その辺も含めまとめていきます。

Bumbleの特徴「女性からしかアプローチできない」

Bumbleは徹底的に女性目線、女性思いのアプリです。

他のアプリと違い、女性からしかメッセージを送れないのです。

マッチングしたとしても、女性から24時間以内にメッセージが来なければマッチは解除、期限切れになってしまうのです。

婚活アプリに詳しい方なら、気づいたかもしれませんが、日本のアプリ「トルテ」はこれをパクっているわけですねw

>>【口コミ、評判】マッチングアプリ「Torte(トルテ)」で出会いはあるのか評価してみる

「女性から連絡するのは恥ずかしい」を解消

デーティングアプリにおいて、女性は「女性から連絡するのは恥ずかしい」という認識があるらしく、いいなと思える人がいてもメッセージを送れないそうです。

しかし、Bumbleであれば男性からメッセージを送れませんから、必然的に女性からメッセージを送ることになるわけです。

つまり、「システム上、しょうがないから送っている」状態になり、「ガッついている」と思われずに男性に女性がアプローチできるようになるのです。

男性は24時間のリミットを1度だけ伸ばせる

ただ、男性が唯一できることがあります。

それは、マッチングのタイムリミットを24時間から48時間にすることです。

これは1日に1人にしか使えませんので、どうしてもメッセージ交換したい人だけに使いましょう。

Facebookログインを使うため、友達にバレない

なお、Bumbleを利用する際は、Facebookログインが必要です。

つまり、Facebookをやってないとアプリを始められないのです。

>>
【朗報】マッチングアプリ「ペアーズ」でFacebookをやってなくても利用(登録)できるようになりました!

IMG_4700

こうしている理由は、サクラや業者、ボットをアプリに入れないためですね。

>>出会い系アプリのサクラの特徴とは?その手口や見分け方を書いておく

友達探しもできる

また、Bumbleでは恋人探しでなく、友達、ビジネスパートナー探しもできます。

以下のように、男性、女性両方と出会えるように設定できるのです。

名称未設定

異性と出会う場合は、通常のBumbleモードを、同性と出会う際は、「bffモード」に切り替えて使う感じです。

名称未設定 (1)

なお、位置情報をオンにしておくと、近くのユーザーが優先的に表示されるようになります。

Tinderのようにスワイプしていく

マッチまでの方法は、他のマッチングアプリと同じ。

Tinderのようにスワイプで、「いいね」「微妙」と判定していき、お互いが「いいね」したらマッチングします。

名称未設定1

そして、マッチングしたら女性から連絡がいくことで、やりとりがスタートします。

メッセージは無料

驚くべきことに、マッチング後のメッセージを無料で送れます。

他のマッチングアプリだと男性が有料ユーザーにならないと送れないんですが、Bumbleは無料なのです。

なお、異性検索機能もあり、年齢で絞ることができます。

IMG_4715

ユーザーは外国人が多い

使ってみた感じ、ユーザーは外国人が多いですね。(東京で使いました)

海外からの輸入アプリなので、まあ妥当ですね。

日本人女性もいましたが、海外に興味のある方、もしくは留学経験者、帰国子女が使ってる感じでした。

IMG_4724

プロフィールの情報はFacebookからとってきている

プロフィールには、名前、年齢、居住地、出身大学、現在地、自己紹介文、仕事が表示されます。

これらは、Facebookの情報からとってきており、Bumble上でこれらを変更することはできず、

FBで一度変更してから、Bumbleに反映させなければいけません。

この辺は面倒ですが、受け入れるしかないですね。

写真追加がかなり厳しい

あと、顔写真のルールがかなり厳しく、

自分の顔がはっきりした写真をアップロードしないとアプリに追加されず、ひたすら以下の画面が表示されます。

IMG_4709 (1)

プロフィールの情報が不足しています。情報を全て入力してアプリを楽しもう。

あなたの詳細を記入してください。

プロフィール写真の設定は必須です。Facebookからインポートした写真のうち、いくつかが審査・適正化されました。

新しい写真をアップロードしてください。

なんどもアップロードしたんですが、ずっとこの画面が出るので、ぼくはBumbleの利用を諦めました。

NGな写真の例

おそらく、Bumble側でFacebookの写真を読み込んで顔のパターンを認識し、

それとマッチしない写真は登録できるないようになってるんだと思います。

なお、他のアップロードできない画像の例は以下の通り。

・性的な内容を含む写真

・水着や下着の写真。水着はプールやビーチではOKですが、バスルームなどの鏡での自撮りは不可です!

・18歳未満のご自分またはだれかの写真

・顔が何らかの理由で、はっきりと識別できない写真。

↑これには、画像ファイルが小さすぎてはっきりと見えない、顔が隠れている、多くのフィルタが使用されている等も含まれます。

・透かしマークが含まれている。 (Bizz modeでは許可されています)

・キャプションまたはテキストが含まれている。

・有名人や本人ではない誰かの写真

把握しておきましょう。

課金要素

無料でメッセージは送れるものの、課金要素もあります。

それが、ブースト(加速)機能。

以下、月額会員になると、以下3つが使えるようになります。

・すでに、いいねしてくれてる相手がわかる(マッチングに役立つ)

・もう一度マッチ(24時間の期限が切れた相手ともう一度マッチ)

・会員になってからマッチングした相手とは24時間関係なく、ずっとマッチし続ける

IMG_4720

【補足】Bumbleでは、いいねされても通知されない

withOmiaiと違うのは、相手のプロフィールをみていいねを送った場合、それが相手に通知されないこと。

いいねを送ったという記録だけが残り、相手もどこかで自分のプロフィールを見て、いいねしてくれてる場合に限り、マッチするのです。

こういった仕様は、海外アプリならではみたいですね。(「hook up dating」もかな?)

>>【評判】アプリ「happn(ハップン)」は友達にバレる?プロフィールの名前変更、退会、チャーム(はじめまして)などの使い方まとめ

bumble月額会員の料金

月額の値段は、以下の通り。他のアプリと比べて安いですね。

・1ヶ月:1080円
・3ヶ月:2601円(867円/月)
・6ヶ月:3798円(633円/月)

コインも買える

あと、スーパースワイプ(メッセージ付きいいね、チャームのような感じ?)などを使うためのコインも買えます。

IMG_4716

値段は以下の通り。

・1コイン240円
・5コイン960円(20%お得)
・10コイン1700円(29%お得)
・20コイン2900円(1番お得)

Bumble(バンブル)の意味

Bumble(バンブル)の意味は、「〈ハチなどが〉ブンブンいう」という意味。

人が集まってコミュニティをなしているイメージですね。

サクラはいなそう

あと、ザクッと見た感じ、サクラはいない感じでした。

>>出会い系アプリのサクラの特徴とは?その手口や見分け方を書いておく

この辺は、Facebookログインなど仕組みがしっかりしているからでしょうね。

マッチしない時の対処法

マッチングしない場合は、以下の記事で書いたことを試しましょう。

>>pairs(ペアーズ)のコツまとめ(プロフィール写真、自己紹介文、いいねをもらう、マッチング、メッセージ)

>>【口コミ】ネット婚活体験談のブログ運営者として使ったサイト、注意点をまとめておく

>>婚活アプリ「pairs(ペアーズ)」の使い方まとめ

>>マッチングアプリ「Omiai」で有料会員になったら上位12%に入れました!ノウハウとその時のいいね!数も書いておく

ネットの評判、口コミ

【評価】使わなくて良いなという感じ

感想としてはこれ。

書いてきた通り、メインユーザーは外国人ですし、使いやすいとは言えないので、ぼくはオススメしないですね。

これは、友達探し、まずはいろんな人と会ってみたいひとが使うといいです。

恋人探し、結婚相手探しなら、ユーブライドタップル誕生ペアーズあたりを使いましょう。

Q&Aで気になったこと

以下、気になったことをまとめておきます。

なぜ検索する人を距離でフィルターできないのですか?

スワイプする人が尽きてしまうのを防ぐためです!

ご使用中の国のユーザーのベースが拡大するまで、距離設定のスライダーを削除致しました。

ご心配なく-新しいユーザーが毎日コミュニティに参加しています。近いうちに距離フィルターは復活します。

間違ってしたスワイプは戻せますか?

間違って左にスワイプした場合は、スワイプをした携帯電話を振ることで、最後の決定を撤回(バックトラック)することができます。

バックトラックは3回のみご利用が可能ですので、ご注意ください!ご利用になったバックトラックは、3時間後に復元されます