どうも。10以上のマッチングアプリで有料会員になり、効果を検証してきた28歳の男です。

今回は、マッチング(デーティング)アプリの「Dine(ダイン) 」を使った感想を書いておきます。

結論から書いておくと、ユーザー数が少ないし、本気のユーザーも少ない印象なので、以下で紹介している他のアプリを使った方がいいですね。

>>19人と会えて、12日で彼女ができた!安全で友達にもバレない無料のマッチングアプリ

合う前提でメッセのやりとりをするから会いやすい?

スクリーンショット 2017-11-05 18.13.43 (1)

アプリのコンセプトは、「100通のメールよりも、1回のデートを」。

つまり、「Dine」はwithタップルなどで発生する「謎に長いやりとり」を省こうとしているわけです。

男女とも、「合うことを前提として」メッセージを送り合えるように作られたアプリなのです。

元・DeNA社員などが運営

ちなみに、Dineの運営会社は、Mrk & Co(マーク・アンド・コー)。

最近、結婚相談大手のパートナーエージェント、ベンチャーユナイテッド、日本政策金融公庫から大型の資金調達をしたベンチャー。

メンバーは、DeNAでソーシャルゲームを開発していた関上條景介さん、(代表取締役)と森岡崇さん(CTO)。

会社の設立は2015年です。

クロスミーmimiなどを運営するサイバーエージェントと違い、若手ベンチャーなんですね。

ダインはFacebookアカウントが必要

では次に、ダインの基本的なシステムを、登録方法とともに紹介しています。

まず、ダインを使うにはFacebookアカウントを使ったログインが必要です。

>>(pairs)ペアーズはfacebook(フェイスブック)やってないと登録できないの?

つまり、Facebookをやっていないと利用できないわけですね。

お店を先に選んでおいて誘う、誘ってもらう

そして、Facebookログインで登録しようとすると、以下のように在住地域と、行きたいお店を選択することになります。

dine1 (1)

お店は、「恵比寿、代官山、中目黒」「銀座、丸の内」などから3つ選んでいくことになります。

ここで選ぶ店は、なんかオシャレっぽいところが多かったですね。(Rettyのリンクあり)

【かなり悪い点】地元がバレる

なお、Facebookログインを使うため、

Facebook側で「勤務先」「住所」「地元」「出身大学」を登録しておくと、それがDineにも反映されてしまいます。

僕は、地元、出身大学を登録していたので、アプリに反映されてしまいました。

しかも、これは消せません。

なので、この点は絶対に改善しないとダメだし、ユーザー離脱の原因になるなと思いました。

最初に選んだお店

最初に選んだお店は、プロフィールに登録され、異性に見られることになります。

そして、プロフィールを読んで、「この人とご飯に行きたいな」と思ってもらえたら、

相手が3つのうちから1つの店を選んで「いいね(一緒に行きたいリクエスト)」を送ります。

dine2 (1)

そして、そのいいねは相手に通知され「いいねされた人」も「いいね」を返せば、メッセージを送れるようになるのです。

異性検索から、いいねを送っていく

なお、異性を探す際は、Omiaiなどにあるような検索画面があります。

検索画面は2種類。まず1つが写真左のTinderのような画面。

dine3 (1)

ここでは、プロフィール画像だけを見て気に入った相手を「いいね」「微妙」と振り分けていきます。

そして、その結果で自分の顔の好みを機械が学習し、「毎日提案される5人の異性」に反映されるようです。

※ペアーズなどのように、毎日自分に合いそうな相手を提案されるそうです

年齢、地域でも絞れる

もう1つの検索画面は、先ほどの画像の右のような「条件指定」の画面。

ここでは、性別、年齢、地域だけで絞ることができます。(ユーブライドなどのように、年収、仕事、学歴、体型では絞れない)

そして、条件指定して検索すると、以下のように1人ずつ条件に合った異性が表示されるようになります。

dine4 (1)

そこでは相手の写真(複数)や、行きたいお店(3つ)、自己紹介文、業界、身長、Facebookの友達数、未婚・既婚などが見れます。

スキップか、行きたいお店を上にフリックしていく

相手のプロフィールを見て、「いいな、ご飯に行きたい」と思ったら、登録されているお店のどれかを上にフリックします。

ここで、「いいね(ご飯行こうリクエスト)」が送られます。

なお、微妙だなと思ったら、スキップもできます。

このようにして、フリックかスキップをすると、次の異性が表示され、それを繰り返していきます。

メッセージは有料:1ヶ月6500円

マッチングした場合、メッセージを送ることになるわけですが、これ以降は有料になります。

メッセージは男女どちらかが有料会員(Gold[ゴールド]メンバー)であれば、やり取りできるそうです。

その料金は以下の通り。

・1ヶ月:6500円
・3ヶ月:14400円(4800円/月)
・6ヶ月:22800円(3800円/月)
・12ヶ月:34800円(2900円/月)

他のアプリに比べると、高いですねw

有料会員で他にできること

メッセージ以外の有料会員の特典は以下の通り。

・ゴールドエンブレム(プロフィールに有料会員の証がつき、リクエスト受信数やマッチ数が増加)

・コインの無料付与(スペシャルリクエストなどで使えるコインを毎月30枚付与)

デート保証制度

なお、ダインにはデート保証制度があります。それは以下の通り。

6ヶ月以上のプランに加入したユーザーが対象で、毎月1回のデートを保証。12ヶ月プランなら、12回。これは申請する必要がある。

ただし、この保証には以下の条件があります。

・6回以上、12回以上のデートに行けなかった
・申請時に有料会員でなくなっている(有料会員を継続しないと、保証が効かない)

コインでやれること

先ほどもちょろっと触れましたが、「Dine」にはアプリ内のコインがあります。

これでやれることは以下の通り。

・スペシャルリクエスト(マッチ率が高まる特別なリクエストを送れる)

・毎日提案される相手を増やせる

・マッチした相手のFacebookをデート前に確認できる

コインの値段

このコインの料金は以下の通り。

・300コイン:42800円(コスパ最強らしいw)
・100コイン:18800円(一番人気)
・30コイン;6000円
・10コイン:2200円

年齢確認、友達招待、通報機能あり

他の婚活・恋活アプリにあるような、この3つの機能もあります。

招待の場合、招待コードで1人招待につき、1週間分(1500円相当)の有料会員機能をプレゼント。

2人招待なら、また1週間分のがもらえます。

ユーザー少ない、本気で使ってる人も少ない

と、こんな感じのアプリ「Dine(ダイン)」を使ってみましたが感じたのは以下のこと。

・サイバーエージェント社員が多い(おそらく競合分析)
・写真を登録してないユーザーが3割ほどいた
・自己紹介文を書いてない人もいて、真剣でない人が多い印象

なお、登録していいねを20人ほどに送りましたが、一夜明けた今、マッチは0です。

【追記】毎日のピックアップは10人

あと、毎日のピックアップは異性10人に無料で(カードを消費することなく)いいねできます。

この際、スキップもあり、スキップしても10人の枠(カード)が減ります。

ここに結構、美女がいたんですが、開発者とかに頼まれたんじゃないかな?みたいな感じの人もいましたね。

セキュリティ、個人情報的にも危険な感じがするので、ぼくは退会予定です。

他のユーザーの評判、口コミ

アプリストアには以下のようなレビューがありました。

マッチしない

無料期間に試してみたけど、誰にも会えなかった。サクラと乞食しかいない。

都合の悪いレビューは消してるみたいだし、あやしすぎ。

デート保証ってふざけるな

デートして付き合った人いますか??

マッチして相手から連絡来てもシカトが続きました。

相手からなので、やりとりのために課金しましたが、その後のやりとりは全くなく。調べたらサクラでした。

サクラ疑惑も(考えすぎな気もしますが)

どうやらバイトということでサクラ紛いを雇っているようです。運営は違うと言っていますが、明らかにそうです。

デート保証ってこれは人の気持ちを無視してデートは出来るってこと。そもそもおかしい。

そういう人を用意しているとしか考えられません。

以下は、Twitterでの評判。

と、こんな感じの感想がありました。まあ、これを使うなら、王道のアプリ「ペアーズ」などを使った方がいいですね。

関連記事

【評判】マッチングアプリの違いを比較!おすすめ4つの感想を書いておく