こんにちは。マッチングアプリ研究家の20代後半の男です。

今回は、ペアーズの新機能「ブースト」を試してみました。結論から言うと、1時間600円でタイトル通りの結果が得られるので、使ってみる価値ありです。(異性が目にするいいね数が増えるという効果があります。これによりマッチング率アップも期待できます)

ペアーズ以外のマッチングアプリで相手を見つける>>【登録して16人と出会えた】コスパが良くて安全な婚活アプリ

では、どんなものか説明していきます。

600円で検索上位に表示できる

ペアーズのブースト機能の説明1

画像の通り、ブースト機能は「足跡がこない」「いいねがつかない」と悩んでいる人向けの機能です。

異性の検索結果画面の上位に自分の顔写真が表示されるようになるんですよ。

ペアーズのブースト機能の説明2

こうなると、自分の顔写真に興味を持ってくれた人がプロフィールページに訪れてくれるようになるわけです。つまり、足跡数が増えるのです。

そこで、あなたのプロフィールにいいなと思った人がいれば、いいねを送ってくれる人も増えるのです。

足跡を辿ることも重要

また、いいねだけでなく、足跡が増えることはマッチング増加につながります。理由は、足跡とつけている時点で少しでもあなたに興味があるからです。

仕事の世界で言う、「見込み客」みたいなものですね。そういったお客さん(ターゲット)にいいねを送れば、通常よりも「いいね!ありがとう」をもらってマッチングする確率が高まります。

>>pairs(ペアーズ)で足跡を残さない設定はあるんだけど、残した方がいいんだよという話

激しい競争から抜け出すにはお金をかけるのもあり

しかも、ペアーズでは会員数が増えるごとに競争が激しくなるわけですから、ブーストのような機能に対価を払えば、そこから抜け出すこともできるのです。

ちなみに、「一般ユーザーよりも多くお金を払うことで有利にアプリを使う」の観点で言うと、プレミアムオプションもそれですね。

>>婚活アプリ「pairs(ペアーズ)」の使い方まとめ

これによって、好みの合いそうな相手を検索できるようになったり、無料で送れるいいねが増えたりします。

このように、競争の激しいアプリでは、お金をかけることも重要な戦略なのです。(僕はずっとプレミアム会員になっています)

>>【登録して16人と出会えた】コスパが良くて安全な婚活アプリ

非イケメンがブースト機能を使った結果

と、ざっくりブースト機能の説明が終わったところで、実際に使った時の流れをメモしておきます。

ちなみに、使う前の僕のもらっているいいね数は28です。(足跡は1日でもらうのがだいたい27くらい。なので、1時間あたりの足跡は1)

ブースト機能を使う前

ブースト機能はブラウザからしか使えない

まず知っておきたいのが、ブースト機能はブラウザからしか使えないこと。なので、アプリからブラウザに移動する必要があるのです。

そして、メニューバーにあるオレンジ部分「ブーストする」から、ブースト機能を使っていきます。

ブースト機能をブラウザから使う

もちろん、そこを押しても、すぐに課金はされません。「600円で使う」のようなボタンがあり、それを押して確認画面に飛んで購入するかを選択します。

で、実際に使い始めると、このように「残り時間」と「訪問者(足跡をつけた人)」を見れるようになります。

ブースト機能を使ってすぐ

この時は、5分で3人ほど。これまでは1時間で1人しか足跡がなかったので、すごい効果です。

そして、しばらくすると、いいねももらえました。

ブースト機能によっていいねがもらえた

で、また時間が経つとこんな感じでドンドンいいねが増えていきます。

ブースト機能の途中経過

そしてついに60分経過。結果は、67人の訪問。

ブースト機能を使った結果。あしあと数

ブースト前は1時間に1人しか訪問されてなかったので、足跡数が67倍に増えたことになります。

あと、もらったいいねの変化ですが、32まで増えました。

ブースト機能を使った後のいいね数

これは、ブースト期間中にいいねを2つもらって、自分が送ったいいねを2人に返してもらったので、合計4増えています。(足跡から辿って送った2人ではない)

ブースト前は、1日に約1人からのいいね、それを24時間で割ると1時間あたり0.04。なので、ブーストによって、2 ÷ 0.04=50倍もいいね数が増えたことになります。

このように、ブースト機能は「足跡」「いいね数」の両面で大きな効果をもたらしてくれるのです。

>>ペアーズ以外のアプリも使ってみる

足跡の質は検索時より低い

ただし、いいことばかりではありません。実際、訪問してくれた人たちを見ると、ネガティブな面も見えてきます。

それは、質の低さ。

僕がいつも検索している条件から外れた人たちが結構多いんですよ。(8割くらい)

対象外の人が足跡をつけてくる

僕が重視しているのは、年齢(25〜32歳)、共通のコミュニティに入っている(プレミアムオプションで使える)なんですが、それにマッチしてない人が8割くらいでした。

例えば、20歳くらいの大学生、35歳くらいの方、など。あと、地域が対象外のところになってる方もいました。

このように、「興味あり」の印である「足跡」をもらっても、それをたどっていいねを送りたいか?と言われたら、「微妙」と言わざるを得ません。

また、いいねをくれた方も「対象ではない方」なので、いいね!ありがとうも返していません。

これがブースト機能で感じたネガティブな面ですね。

ブーストは「”見かけ上の”もらってるいいね」を増やすのに向いている

ここまで読んで、「え、じゃあブースト機能って意味なくない?」と思っている方、それは早とちりです。ちゃんと意味はあります。

それは、「”見かけ上の”もらってるいいね数」を増やせる、という点で。

女性からしたら、男性のもらってるいいね数がきになるらしいんですよ。少なすぎてもダメだし、多すぎてもダメなようです。

モテる人と付き合いたい人が多い

これは、「モテる男性がモテる」の構造で、人は「人気になっている人」を好きになるようです。なので、ペアーズなどの恋活アプリではある程度のいいねを集めておいた方がいいのです。

その手段としてブースト機能が使えるわけですね。

なので、自分の印象を良くするために600円払ってもいいと考えている方はブースト機能を使ってみてください。

改善案:メイン画像をちゃんとする。クリックしてもらえるように

あと、使ってみて、反省点というか、次はこうしようということもわかってきました。

それは、「メイン写真」つまり、検索結果に表示される写真はちゃんとした方がいいということ。そっちの方がたくさんクリックされるわけですよね。(もらえる足跡が増える)

今の僕のメイン写真だと、顔がちょっとわかりにくいので、それを改善すれば、もっと足跡やいいね数が増えるのでは?と思ったのでした。(非イケメンはもうどうしようもない)

なので、これからブースト機能を使う方は、メイン写真にちゃんと勝負写真を設定してください。

合わせて読みたい>>【評判】マッチングアプリの違いを比較!おすすめ4つの感想を書いておく