どうも。10以上の恋活アプリで有料会員になってきた20代後半の男です。

本日は、pairs(ペアーズ)で異性のプロフィールページに書いてある「相性」について書いてみます。

結論から言うと、相性はあまり関係なく、相性が低くてもマッチングします

なので、疑問が解決した方は、以下の記事で紹介しているペアーズ以外のアプリも使ってみてください。

>>【12日で彼女ができた】無料で始められて安全な婚活アプリまとめ


アプリは複数使うのが効果的

ぼくは、「with」というアプリを使って、12日で彼女ができました。

withは僕にとってかなり相性のいいアプリでしたし、メンタリストDaiGoさん監修の無料診断で、

相性のいい異性もわかり、かなり快適に使えました

なので、ぼくは全力で「with」をおすすめします。

>>【無料診断も役立つ】安心&健全なマッチングアプリまとめ

公式は「あくまで目安」と

ちなみに、ペアーズの運営会社(エウレカ)は、相性を以下のように説明しています。

pairs独自のアルゴリズムにより算出したお相手との相性度です。
相性が高いほどマッチング率が高いことが確認されています。

※相性はマッチングを保証するものではありません。おすすめの目安として参考になさってください。

アルゴリズムがどのように決まっているかは明かしてしませんが、文字通りユーザー同士の相性を見る際に役立つようです。

ログイン時間からわかる生活スタイルが「相性」を左右

確かに、これだけ長くサービスを運用しているのであれば、マッチングした傾向から、ユーザー同士の相性を割り出せそうです。

【追記】ペアーズを使って結婚した方によると、ログイン時間も加味されていて、それが同じだと相性も良くなるようです。

つまり、生活スタイルが似ている同士だと「相性の%」が高くなるんですね。

では、この相性が本当にマッチングに影響しているのか、僕のデータを見て、確認していきましょう

実際のデータ「相性はあまり関係ない」

以下が、マッチングした49人から得られたデータです。

マッチした人:
50~59:14人(全体の28%)
60~69:21人(43%)
70~79:11人(22%)
80~89:1人(2%)
90~99:2人(5%)

ここからわかるのは、相性が50%台、60%台でもマッチングしている人は普通にいるということです

あと、相性80%、90%台の人がそもそも少ないということもわかりました。僕が計測した中で、最も相性がよかったのは94%。実際、その人とはマッチングしてましたね。

ただし、55%の人ともマッチングしたので、相性は関係ないことがわかります。

こうした結論は出ましたが、念のため、マッチングしなかった人のデータもとってみました。

マッチングで考えるべきは相手がもらってる”いいね数”

データは、以下のようになりました。

マッチしなかった人:21人
相性50~59:2人(9%)
60~69:8人(38%)
70~79:11人(53%)

70~79%でもマッチングしなかった人は、結構いるので、やはり相性はそれほど気にする必要はありませんね。

それよりも大事なのは、相手のいいね数です。いくら相性が良くても、相手のいいね数が多いと、マッチングはされにくいんですよね

人気ユーザーには、たくさんのいいね通知が飛んでいるので、それを全部確認するのは難しいはずです。また、1日に受け取れるいいねを制限できる機能もあるので、自分のいいねを確認してもらうのは遅れることもあります

また、たくさんの男性からいいねをもらっていれば、ハイスペックな男性に遭遇していることも十分考えられます。そうなれば、女性が男性に求める条件も高くなっていくはず。

このように、厳しい条件で戦わなければいけないという事実があるので、マッチングを考える際は、相性よりも相手のいいねの数を考えるようにしましょう

参考データ「相性とマッチした人数の関係性」

マッチした人:
50~59%:14人。(中には、もらったいいね数619,199,125の人も。相手の平均いいね数:110)
60~69%:21人(中には、いいね数502,168。平均:91)
70~79%:11人(いいね数273,288の人ともマッチング。平均:93)
80~89%:1人(いいね数28)
90~99%:2人(平均:48)

相性は変わる?

あと、相性は変動するんですよ。プロフィールをいじると変化することに気づいたんです。

結婚願望の項目を「2~3年のうちにしたい」から「いい人がいればしたい」に変更したところ、その数時間後に相手との相性が変わっていました

ユーザーAとの相性が74%から80%に変わっていました。また、ユーザーBとの相性は67%から72%に変わっていたのです。

相性が変わる原因は謎

Aさんは、結婚願望を「いい人がいればしたい」にしていたので、相性が変わるのは納得できるんですが、Bさんはその項目を埋めていなかったんですよ。

なので、相性が変わる基準は謎です。

考えられるのは、僕が「いい人がいればしたい」にしたことによって、結婚願望がそれほどないとデータで判定され、相性が高まったのかなとも思いました

「結婚願望の欄に何も埋めていない女性=結婚願望があまりない」という感じで解釈されて。ここの項目を埋めている人の方が結婚願望は高いはずなので。

このように、仮説レベルの考察ですが、確実に言えるのは相性がけっこう適当ということですw

ログイン時間、プロフィールの充実度も影響?

他にも、仮説を立ててみました。Bさんの場合で変わったのが、どうしても腑に落ちなかったんですよね。

そして、1つ思いついたのがログイン時間。

2つの相性をチェックしとき、どちらのタイミングでも「ログインが24時間以内」だったんですが、そのスパンがもしかしたら2回目の方が短かったのかもしれません。(1回目は10時間以内、2回目は7時間以内という感じで)

他に、相性に影響する要素がないので、ログイン時間はいい線をついていると個人的には思っています。

あと、プロフィールの充実度も1つの要素と考えられます。

これは検索画面で上位表示される際の評価項目になっているので、相性を決める際にも使われているはずなんですよ

相性は気にしなくていい

いづれにせよ、相性はそれほどマッチングに影響しません。なので、これを気にせずに、気に入った女性にいいねを送っていきましょう。

なお、出会いを増やす際は、ペアーズ1つよりも複数のアプリを使った方がいいです。実際、僕はペアーズ以外も使ってマッチング増加につなげています

そして、ペアーズと併用して効果があったのがwithというアプリ。(冒頭でも書いたように12日で彼女ができました

相性のいい相手に無料いいねできる

withでは、Daigoさんが監修した診断を受けられて、その結果をもとに相性のいい相手が表示されます。そして、その相手に無料でいいねを送れるんですよ。

これによって、withでは一番マッチ数が多くなっています

withはマッチングするまでは無料で使えるので、試しに使ってみるのも大いにアリです。以下のリンクから登録してみてください。


>>withの利用はこちらから

関連記事:【評判】マッチングアプリの違いを比較したので、おすすめを書いておく