こんにちは。マッチングアプリ研究家の20代後半の男です。

今回は、ペアーズのややこしい機能、ブロックと非表示について説明します。

また、ブロックされたかを確認する方法も紹介します。先に言っておきますが、ブロックされたら相手はメッセ欄から消えます。

この場合、もう連絡しようがないので、以下の記事で紹介している実績あるアプリを使ってマッチの数を増やした方がいいです。(アプリは複数使うのが一般的です)

おすすめ>>【12日で彼女ができた】サクラなしで安全なマッチングアプリまとめ


(↑12日で彼女ができたアプリ「with」↑)

【目次】ブロック、非表示、退会済み、退会後について

ブロックと非表示の違い
ブロックされる行動・理由
ブロック・非表示にする方法
非表示を解除する方法
ブロックか退会済みかを確認する方法
ペアーズ退会後のメッセージはどうなる?

ブロックと非表示の違い

まずこの2つの違いの説明から。

ブロックとはLINEにもある通り、ブロックした側はもちろん、ブロックされた側もその相手を見れなくなる機能です。

これは、知り合いを見つけた時、もう二度と見たくないと思った相手がいた時に使われます

ブロックで、できなくなること

・お互いにいいねを送る

・「見てね」を送る

・メッセージを送る

・足あとをつける

つまり、ブロックされたら相手とはずっと連絡を取れなくなるので、ブロックされたら、相手を諦めるしかなくなります

なお、ブロックは解除できません。なので、ブロックする際は慎重に。

自分だけが見たくないなら非表示を

一方、非表示とは自分だけが相手を見れなくなる機能。

これを使うと、検索画面にその相手が表示されなくなります。非表示された人は、非表示されたことに気づけません

僕がAさんを非表示にしても、Aさんは僕のプロフィールなどを見れます。

ただ、僕が女性を検索した時にAさんが表示されなくなるだけです。

Aさんはこれまで通り、ぼくにメッセージを送ることも可能です。

非表示にするのはこんな時

この非表示という機能、けっこう謎ですよね。

見たくない相手がいるなら、ブロックすればいいのにと思う人がほとんどでしょう。

でも、意外と使うんですよ。

もう足跡をつけたくない相手を「非表示」にする

例えば検索画面で、メイン写真がいいと思って足跡をつけたけど、

サブ写真を見たらそんなにタイプじゃなくて、離脱してしまった相手(Bさん)に対して

僕の場合、ペアーズでは同じ条件で検索することが多いので、しばらく経つとまたBさんに足跡をつけてしまうことがあるんです。

そういった時に、もう二度と表示されないようにと「非表示」を使うんですよね

ブロックされる行動・理由

では、どういった時にブロックされるか。一般的に以下の行動がブロック対象になるようです。

いいねを押さないのに足跡をつけまくる
・いいね後に何度も「みてね」を送ってくる
マッチング後のメッセージがなれなれしい

無視しているのに何度もメッセージを送ってくる
・すぐに「会おう」などチャラさを見せ、ヤリ目の匂いがする
・約束をすっぽかす

こうした行動をしていると、ブロックされてしまうので気をつけましょう。

男が女性をブロックする理由

なお、僕は以下の理由2つが重なった時にブロックします。

・マッチング後に送ったメッセに、かなりの時間が経ってから返信してきた
・そのメッセージが一方通行的(疑問文がない)

こうした相手は脈がなさそうなので、諦める上でもブロックします。不快ですしね。

ブロックされて、へこまないために

僕も経験ありますが、今までメッセしていた相手がいきなり、メッセ欄からいなくなった時は、

かなりヘコみました。(ブロックされたといういこと)

その人とはあう約束をしていたので、余計に。

そして、それ以外の人とあまり熱心にメッセしていなかったので、残り候補も少なくなってしまっていたんですよね

こうなると、かなり焦るので、常にメッセの相手は複数いた方がいいです

複数のアプリを使うようにした

そして、こうした失敗経験から学び、その後は焦らないように、やりとりの相手を1人に絞らないようにしました。

また、アプリによって、マッチ数とメッセの続く人数が違うことにも気付き、複数のアプリを使うようにもしました

結果、1人と連絡が途絶えても、あまり落ち込まないようになりました

そして、それを続けていき、最終的にはwithというアプリで彼女ができました

なので、僕同様、マッチングアプリは複数使ったほうがいいですよ。

>>【12日で彼女ができた】安全&無料のマッチングアプリまとめ

そっちの方がチャンスが広がります。

ブロック・非表示にする方法

なおブロック、非表示にする方法は以下の記事にまとめています。

>>pairs(ペアーズ)などのマッチングアプリで友達、知り合いが表示されてしまった時の対処法

この記事では最小限に留めます。

プロフィールページからブロックできる

ユーザーのプロフィールページの右上に「・・・」というボタンがあるので、まずはそこをタップします。

すると、「非表示・ブロックの設定」という選択肢が表示されるのでタップします。

その先の画面には、「自分の画面にお相手が表示されないようにしたい」と「自分とお相手の画面にお互い表示されないようにしたい」の2つが表示されています。

前者が非表示、後者がブロックです。

非表示かブロックかを選択する

非表示にする際は、前者をタップして下の方にある「設定内容を更新する」>「はい」をタップします。

すると、相手が非表示になります。こうなると、相手のメイン写真には「非表示中」が映し出されます。

ブロックの場合も同様の操作でOKです。

非表示を解除する方法

これは各種設定から、「非表示ユーザーリスト」を選択。すると、非表示にしているユーザーが出てくるので、「非表示を解除」をタップしてください。

すると、非表示が解除されます。

なお、ブロックは解除することができませんので、ブロックする際はよく考えてから実行するようにしてください。

ブロックされているかを確認する方法

たまに、メッセージをしていたのに途切れた、相手が消えた、いなくなったなんてことがあります。その際は、ブロックされているかを確認したほうがいいですね。

その方法は、メッセージ欄で右上にある「・・・」から「退会者を表示」にすればOK。

ここで、「このユーザーは退会しました」と表示されていればその人は退会しています。(ブロックはされてません)

そうでなく、退会者として表示されなければあなたはブロックされていることになります。

仕様が変わったようで、本当に退会した、ブロックされたに関係なく「退会済み」と表示されるようになっているようです。(ブロックしたことが相手にバレることはないです)

この現実を受け入れるのは辛いですが、諦めて次に行きましょう。ペアーズであれば、女性が60万人以上いますので。(2017年4月14日時点)

他のアプリも使ってみる>>17人と出会えた婚活アプリ

ペアーズ退会後のメッセージはどうなる?

退会済みのユーザーとやりとりしていたメッセージは全く見れなくなります。というか、メッセージ画面のページにすらアクセスでいなくなります。

メッセージの一覧ページには、アイコンなしで「メッセージ交換をしていません」と表示されます。

このように、退会すればメッセージの履歴は消えるので安心してください。

他のマッチングアプリも使っておこう

なお、出会いを増やしたいなら、他のマッチングアプリも使ってみましょう。

僕は、今までマッチングアプリを比較してきましたが、その中でオススメできるのはwithです。

レビュー記事はこちら>>【評判・口コミ】恋活・婚活ができる出会いアプリ「with」で本当に出会えるのか検証してみた

これはマッチ数が一番多く、実際に出会えています。なので、ペアーズとwithの二刀流で使ってみてください。

Pairs同様、女性は無料ですのでまずは使ってみるといいですよ


>>withの利用はこちらから

基本的なマッチングアプリの知識

>>【口コミ】pairs(ペアーズ)にサクラはいる?マッチングしたらどうすれば?実体験と2chを元に書いてみる