こんにちは。マッチングアプリ研究家の20代後半の男です。

今回は、ペアーズにおける年齢確認について書いていきます。免許証などをアップロードするということで不安に感じる方もいると思います。

そういった方に「不安に感じる必要はないですよ」、「こうやって年齢確認すればいいんですよ」ということを書いていきます。

※基本的なマッチングアプリの知識は以下を参考にしてください。

【口コミ】pairs(ペアーズ)にサクラはいる?マッチングしたらどうすれば?実体験と2chを元に書いてみる

年齢確認はメッセージのやり取りをする際に必要

年齢確認は、ペアーズでの出会いを増やすために必ずやらなければなりません。

というのも、これをやらないとメッセージのやりとりができないんですよ

年齢確認しない状態でも、相手にいいねを送る、相手からもらったいいねを返すことができてマッチングまでいくんですが、その先のメッセージは年齢確認が済んだ人でないとできないのです

※その辺のルールは以下の記事にもまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

>>婚活アプリ「pairs(ペアーズ)」の使い方まとめ

なぜ年齢確認が必要か

では、なぜちょっと面倒な年齢確認が必要なのか?ということも書いておきます。

法律上、運営側がチェックしなければいけない

まず1つが、法律上の問題です。

18歳未満の利用を防止するため年齢確認をしなければいけないんですよ。これはマッチングアプリを提供するインターネット異性紹介事業の義務。法律で決められているのです。

なお、婚活、恋活アプリと銘打っているアプリには年齢確認の必要がないものがあります。それらはインターネット異性紹介事業ではないということで、法的にグレーなアプリなのです

また、選定基準がゆるいのでサクラや悪質な業者が入って来やすいんですよ。だから、年齢確認のない婚活アプリは使わない方がいいのです

友達10人では完全に信頼できないから

サクラの話に共通しますが、年齢確認はユーザーの信頼性を担保する意味でも必要なんですよ。

実名制でのfacebookログインが必要、facebookで友達が10人以上いないとダメ、などのルールがありますが、これでも完璧に信頼性を担保するのは難しいんですよね。

facebookで10人以上友達を作るのって意外とできますからね

>>(pairs)ペアーズはfacebook(フェイスブック)やってないと登録できないの?

なので、そうやってフィルタリングをズルしてくぐり抜けてきた人を年齢確認によってフィルタリングする必要があるんです

年齢確認に有効な証明書

で、実際に年齢確認てどうやるの?という話ですが、以下のいづれかの書類をアプリ、またはブラウザ版でアップロードすればOKです。

運転免許証
パスポート
健康保険証
その他日本国内の公的機関が発行した身分証

アップロードの際は、下記が必ず写真1枚の中に写るようにしましょう。

名前
生年月日
証明書の名称
証明書の発行者の名称

この4つが写っていれば、顔を加工アプリなどで隠してアップロードしてもOKです

なお、アプリであれば、「その他」タブから会員ステータスを確認して有料会員になる手続きの中でアップロードしていけばOKです。

あとは、20分ほどすれば年齢確認が完了し、メッセージを送れるようになります

年齢確認で不利益を被ったことはない

ちなみに、ペアーズの運営会社エウレカは海外の有名大企業のグループ会社なので信頼できます。

>>pairs(ペアーズ)の運営会社エウレカは信頼できる?に答えてみる

また、運営歴が長いこともあり、年齢確認、審査の作業を安全に行うノウハウを蓄積しています。なので、アップロードの際は安心してOKなのです。

なお、僕はペアーズ以外のマッチングアプリで7回ほど年齢確認をしてもらってますが、書類をアップロードしたことで不利益を被ったことはありません

>>【評判】マッチングアプリ17この違いを比較したので、おすすめを書いておく

書類が嫌ならクレジットカードで年齢確認を

ちなみに、書類のアップロードがどうしても嫌という方は、クレジットカードで年齢確認をする方法もあります

この時は100円だけかかりますが、クレジットカードであれば書類のアップロード不要で審査もすぐ終わります

なので、時間を短縮したい方はクレジットカードでどうぞ。

他のアプリの年齢確認も安全で簡単

なお、他のアプリでもこうした年齢確認の手続きとなります。なので、出会いを増やしたい方は他のアプリも使って年齢確認を行ってください。

マッチ数が最大のwithの感想>>【評判・口コミ】恋活・婚活ができる出会いアプリ「with」で本当に出会えるのか検証してみた