こんにちは。マッチングアプリ研究家の20代後半の男です。

今回は、ペアーズにおける年齢確認について書いていきます。免許証などをアップロードするということで不安に感じる方もいると思います。

そういった方に「不安に感じる必要はないですよ」、「こうやって年齢確認すればいいんですよ」ということを書いていきます。(書類による年齢確認だけなら、女性も男性も無料です)

あと、生年月日を変更する方法なども紹介していきますので、それらの問題解決で悩んでいる方は参考にしてみてください。

※基本的なマッチングアプリの知識は以下を参考にしてください。

【口コミ】pairs(ペアーズ)にサクラはいる?マッチングしたらどうすれば?実体験と2chを元に書いてみる

年齢確認はメッセージのやり取りをする際に必要

年齢確認は、ペアーズでの出会いを増やすために必ずやらなければなりません。

というのも、これをやらないとメッセージのやりとりができないんですよ

年齢確認しない状態でも、相手にいいねを送る、相手からもらったいいねを返すことができてマッチングまでいくんですが、その先のメッセージは年齢確認が済んだ人でないとできないのです

※その辺のルールは以下の記事にもまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

>>婚活アプリ「pairs(ペアーズ)」の使い方まとめ

なぜ年齢確認が必要か

では、なぜちょっと面倒な年齢確認が必要なのか?ということも書いておきます。

法律上、運営側がチェックしなければいけない

まず1つが、法律上の問題です。

18歳未満の利用を防止するため年齢確認をしなければいけないんですよ。これはマッチングアプリを提供するインターネット異性紹介事業の義務。法律で決められているのです。

なお、婚活、恋活アプリと銘打っているアプリには年齢確認の必要がないものがあります。それらはインターネット異性紹介事業ではないということで、法的にグレーなアプリなのです

また、選定基準がゆるいのでサクラや悪質な業者が入って来やすいんですよ。だから、年齢確認のない婚活アプリは使わない方がいいのです

ちゃんとしたアプリ>>【登録して17人と出会えた】コスパが良くて安全な婚活アプリ

友達10人では完全に信頼できないから

サクラの話に共通しますが、年齢確認はユーザーの信頼性を担保する意味でも必要なんですよ。

ペアーズは実名制でのfacebookログインが必要、facebookで友達が10人以上いないとダメ、などのルールがありますが、これでも完璧に信頼性を担保するのは難しいんですよね。

facebookで10人以上友達を作るのって意外とできますからね

>>pairs(ペアーズ)の運営会社エウレカは信頼できる?に答えてみる

また、運営歴が長いこともあり、年齢確認、審査の作業を安全に行うノウハウを蓄積しています。なので、書類アップロードの際は安心してOKなのです。(書類による年齢確認であれば料金は無料です)

僕はペアーズ以外のマッチングアプリで7回ほど年齢確認をしてもらってますが、書類をアップロードしたことで不利益を受けたことはありません

>>【評判】マッチングアプリ17この違いを比較したので、おすすめを書いておく

年齢確認に必要な書類が送信できない場合

僕はありませんでしたが、もしかしたら年齢確認に必要な書類がアップロードできない(送れない)場合があるかもしれません。

その際は、まずネット環境を疑ってみましょう。画像ファイルを送ることになるので、ネット環境が良くない(遅い)とアップロードできない場合があります。

ありそうなのが、速度制限がかかっている時に書類を送れないというもの。この場合は、Wi-Fiなど別のネットワークを利用するようにしましょう。

あと、アプリを落としてから再度アップロードするというのも策としてありそうです。

書類が嫌ならクレジットカードで年齢確認を

書類のアップロードがどうしても嫌という方は、クレジットカードで年齢確認をする方法もあります

この時は100円だけかかりますが、クレジットカードであれば書類のアップロード不要で審査もすぐ終わります

なので、時間を短縮したい方はクレジットカードでどうぞ。(身分証明書のアップロードの場合は、料金はかかりません)

他のアプリの年齢確認も安全で簡単

なお、他のアプリでもこうした年齢確認の手続きとなります。なので、出会いを増やしたい方は他のアプリも使って年齢確認を行ってください。

マッチ数が最大のwithの感想>>【評判・口コミ】恋活・婚活ができる出会いアプリ「with」で本当に出会えるのか検証してみた

>>【登録して17人と出会えた】コスパが良くて安全な婚活アプリ

ペアーズで年齢変更する方法

なお、Facebookで正しくない生年月日を登録してしまっている場合、それがペアーズの年齢にも反映されてしまいます。

これを変更する場合は、以下の方法を使いましょう。

生年月日の記載のある公的証明書類を添付の上、メールで info@pairs.lv にご連絡ください。

ご利用いただける公的証明書類

運転免許証
パスポート
健康保険証
その他、日本国内の公的機関が発行した身分証

これで生年月日と同時に、年齢変更もできます。

ペアーズでの年齢確認では名前を隠してもいい

ペアーズの年齢確認の場合、免許証などの顔、名前の部分は隠してアップロードしてもいいことを知っておきましょう。

下記が必ず写真1枚の中に写るようにしてください

生年月日
証明書の名称
証明書の発行者の名称(渋谷区役所、とか)

必要のない情報は手やふせんなどで隠していただいて問題ありません

ペアーズの年齢制限、上限はない

ペアーズは、18歳以上じゃないとダメという制限がありますが、上限での制限はありません。

なので、ルール的には50歳でも60歳でも70歳でも登録して使えます。

ペアーズの年齢層

このブログで何度か書いてきましたが、ペアーズでは、26~32歳くらいの結婚適齢期と言われる年齢の人たちが多いです。

それ以外だと、大学生、20代前半も見ます。

もちろん、32歳以上、40歳以上の人たちもいますね。

アプリによってメインとなる年齢層が異なる

なお、24歳以下のユーザーを探したいのであれば、タップル誕生がいいですよ。ここは若いユーザーがたくさんいます。

>>【評判】出会い系アプリ「タップル誕生」の有料会員になったのでサクラ、2chの噂は本当?などを調べてみた

一方、結婚をかなり真剣に考えていて、33歳以上の人たちを探しているのなら、ユーブライドがいいです。

>>【口コミ】婚活アプリ「ユーブライド」で有料会員になったのでログイン方法、2chの評判、料金についてまとめる

なので、こちらも希望に応じて使い分けましょう。