こんにちは。マッチングアプリ「pairs(ペアーズ)」で有料会員になっている20代後半の男です。

今回は、ペアーズにおける「年収本当か問題」について答えておきます。また、20代で高年収の人間を見つける方法も書いておくので参考にしてみてください。

※基本的なマッチングアプリの知識は以下を参考にしてください。

【口コミ】pairs(ペアーズ)にサクラはいる?マッチングしたらどうすれば?実体験と2chを元に書いてみる

【評判・口コミ】恋活・婚活ができる出会いアプリ「with」で本当に出会えるのか検証してみた

ペアーズは年収が自己申告

そもそもですが、ペアーズでは年収が自己申告制です。他の婚活サイトだと年収の証明書が必要なところがありますが、そうじゃないので、いくらでも嘘をつけてしまうわけです。

実際、そうした性質を利用して、年収を盛っている人がいるんですよ。これ、Twitterで検索すると盛っている人がいるとわかります。

年収は20万ほど盛ってます

では、ぼくはどうかというと、年収を20万円ほど盛っています。

ペアーズでは年収を「200~400万円」「400〜600万円」「600~800万円」「800~1000万円」と区切っていますよね。

僕はあと20万円足せば、次の範囲の年収にいけるので20万円盛っています。でも、これくらいなら許容範囲ですよね?w

中には、年収300万円くらいでも年収600万円以上に登録している人もいるようですし。

ペアーズ登録者は年収高め?

あと、女性ユーザーとして登録してみて気づいたんですが、ペアーズには若くして年収が高いユーザーが多かったです。

例えば、30歳くらい(プラスマイナス2歳)で年収1000万円以上、年収2000万円以上の人が表示されたり。ちなみに、彼らはみんな会社役員という肩書きでした。

サラリーマンだと、大企業に勤めている人や会計士などが年収800万円くらいのところにいましたね。

ただし、これは絶対に嘘だろと思った人もいました。それは、「公務員で年収800万円以上もらっている」という人。

公務員て安定してますけど、給料は高くありません。30ちょい過ぎで800万円はさすがに嘘かなあと思いましたね。(公務員の種類によっては50代で500万円の方もいるので)

男性は年収を入れないと、もらえるいいねが下がる

あと、年収に関して重要な事実も書いておきます。見出しの通りです。

お金目当てで寄ってくる女性が嫌なので、年収を載せるのをやめたんですが、そうすると相手からのいいねと、自分からいいねした時のマッチング率が下がりました

なので、マッチングを増やしたい方はちゃんと年収を載せることをおすすめします。

女性の理想は高すぎる

あとそもそもの話もしておきたいのですが、女性が男性に求める年収って高すぎます。

よくテレビで婚活サイトを使っている女性のインタビューを見ますが、「年収600万円」を前提として男性を検索してるんですよ。

これって実は異常なことです。

だって、年収600万円以上稼いでいる男性って上位数%しかいないんですから。残りの90%以上はそれ以下なんですよ。

女性よ、現実を見よう

こうした状況でペアーズという限られた中から、年収600万円以上の男性を見つけるなんて至難の技なんです。

しかも、中には「年収1000万円以上じゃないとダメ」と異常な高望みをする頭の悪い人もいて、現実の知らなさに愕然とすることもあります。

なので、これを読んでいる女性はこういった現実をして、甘い夢を見るのはやめにしたほうがいいです。こと、20〜30代の相手を望むのであれば。

平均年収を知って現実を知ろう

そもそもですが、20~30代のサラリーマンであれば、年収ってそんなに高くないんですよ。

ある統計では、20代男性の平均年収は約322万円と発表されています。詳しく見ると、20~24歳が265万円、25~29歳が378万円となっているようです。

これ、周りを見るとわかると思うんですが、20代で年収600万円くらいもらってる人ってなかなかいませんでしたよね?

いたとしても、忙しいネットベンチャーで働いている人か、これまた激務の広告代理店やコンサルくらいでした。

なので、その年代と交際したいなら、理想は下げたほうがいいです。

30代の平均年収も500万円以下

この話は、30代の平均年収が474万円であることを知ると納得できると思います。30代といえども、500万円に達していないのですよ。

なお、30~34歳は446万円、35~39歳は502万円とのことで、年収500万円以上の相手を望むなら35歳以上を相手にしなければいけないこともわかります。

ちなみに、一般的な基準とされている年収600万円になるのは40歳を過ぎてから。なので、理想の年収を満たした相手を望むなら40歳以上の相手に目を向けてくださいねw

高年収の相手(若手)の見つけ方

ただし、こうした統計が当てはまらない若手もいます。

それが前述したIT、web業界のベンチャーで働く人たち。僕の知人は25歳で年収550万でした。なので、高年収の若手を見つけたいなら、ベンチャーのエンジニア、ディレクター、デザイナーを見つけましょう。

特にオススメの会社は、サイバーエージェント、LINE、DeNA、リクルートです。

他だと、外資コンサル(マッキンゼー、アクセンチュアなど)も若手でも給料が高いですね。

あと、大手広告代理店(電通、博報堂)やテレビ局社員も若くして給料がいいですが、この辺は競争が激しいので、あまりオススメはしませんw

IT系フリーランスも年収が高い

穴場だと、IT系やWeb業界のフリーランス、フリーランスのクリエイターも若いながらガンガン稼いでます。

実際、知り合いに、フリーランスエンジニアで月100万円稼ぐ人や、会社員時代の5倍くらい稼いでるフリーランスのデザイナー、年収800万のカメラマンがいます。

他だと、年収800万のフリーライター、年収1000万円のアフィリエイターなどがいます。彼らの年齢は、20代後半〜30歳です。

なので、こうした穴場男子を見つけるためにも、ペアーズではフリーランス、自営業者を見つけてみましょう。

食事の際に払うお金に注目するといい

なお、男性の年収が嘘かどうかを見破る方法がないわけではありません。完璧ではありませんが、有効な手段があります。

それは、プロフィールの「食事の際の予算」の項目に目を向けることです。

こちら、「割り勘」「男性が多めに出す」「全額男性が出す」とありますが、「男性が多めに出す」「全額男性が出す」にしている男性は年収を盛っていない可能性が高いです。

理由は、わかりますよね。女性にお金を払わせないという認識がある人は、お金に余裕があるわけですよ。

逆に、「割り勘」の場合はそうではありません。なので、年収600万円以上で「割り勘」にしている人は年収を疑ったほうがいいでしょう。

話の中で年収を見極める方法

プロフィール以外でも年収を見極める方法はあります。それは実際、会った時。趣味の話でわかります。

相手がけっこうなお金をつぎ込んでいる趣味があれば、それはお金に余裕があるということです。

あと、年収の高い同世代の特徴としてたくさん読書をしているというものがあります。なので、読書が趣味という人にはどんな本を読むか?月にかけている書籍代はどれくらいか?なども聞いてみましょう。

答えとして「ビジネス書」「1万円以上」と答えが返ってきたら、その人は年収が高いです。これ有名な話ですが、読書をして勉強する人は年収が高いんですよ。

ぜひこちらも覚えておいてください。

年収は正直に書いたほうがいい

ここまで年収を偽ることについて書いてきましたが、僕は年収を盛らずに正直に書いたほうがいいと思っています。

理由は2つあって、1つはご飯をおごる必要がなくなるから、もう1つは無理をしなくてもよくなるからです。

割り勘できる関係性がいい

例えば、年収400万円だとしてそれを正直に書いておくと、女性の方もそれを理解した上でマッチングしてくれますし、ご飯の際も「割り勘でいい」と言ってくれるはずです。

実際、正直に年収を書いている人(それほど高くない)は、堂々と「割り勘で」と言えるそうです。見栄を張らないと、こうしたメリットもあるんですね。

あと、無理をする必要も無くなります。お金を持っているアピールをするために高い服や財布を持つ必要がなくなるんです。

また、年収を正直に書くことで、本当のあなたを気に入った人だけがいいね、いいね返ししてくれるようになります。

なので、年収は正直に書きましょう。(冒頭でも書きましたが50万くらいであれば盛ってもOK)

女性の年収は気にするの?って話

では、最後に男性は女性の年収を気にするの?という話もしておきます。

僕は気にしません。でも、何かしらの仕事についてるかは必ずチェックしています。(たまに、「自由業」と書いてる人がいるんですが、アレ謎なのでそういう人がいたらスルーするようにしています)

なお、僕以外の男性はこのように考えているそうです。

ペアーズユーザーの年収への意識

こちらは、ペアーズが行った調査をグラフでまとめたもの。(ペアーズ公式ブログ参照)

女性は90%以上が「男性のほうが高収入」が理想なんだそうです。

男性の場合は、66%が「自分とほぼ同じ」を理想としていて、自分よりも相手の年収が少なくてもいいと考えている人は約20%でした。

ちなみに自分よりも高収入を望む男性は13%と少なめ。これは結構わかる気がしますw

嫌じゃないんですが、男ってプライドが高いので、相手の年収に負けるのってちょっと辛いんですよね。

と、こんな感じで男性は女性の年収をそれほど気にしていないことがわかりますね。

今の年収より将来にわたって稼げるか?を評価したほうがいい

いろいろ年収について書いてきましたが、個人的には「今の年収よりは、将来的に稼いでいけるお金を気にした方がいいな」と思っています。

年収なんて時代によって変わりますし、これからは大企業でもリストラが行れて変化が激しくなっています。そうした時代に、今の年収を気にするのはナンセンスなんですよ。

それよりは、この相手はお金を稼ぐ能力があるのか?、将来どんなことがあっても対応できる力があるのか?を見たほうがいいんです。そっちの方が将来的にも安泰ですから。

相手のお金の感覚を知れるアプリも

なお、年収に加えて相手の金銭感覚が知りたいなら、withというマッチングアプリも使っておきましょう。

これ、診断によって無料いいねできるようになるんですが、今やっている診断が「お金の使い方」についてなんですよ。

診断を受ければ、金銭感覚が合う相手にいいねを送ることができます。僕もやってみましたが、けっこう当たってました

なので、以下のリンクからwithを使ってみてください。まずは無料で使うことができますので。(診断も無料です)


>>withの利用はこちらから