こんにちは。マッチングアプリ2つ(withと、pairs[ペアーズ])で有料会員になっている20代後半の男です。

マッチングアプリ(恋活アプリ)を2ヶ月使ってみて、予想以上に恋活が疲れることに気づきました。2ヶ月目は、初月と比べて圧倒的にアプリを使う時間が減ったんですよ。

なので、また別の方法も模索していかんな〜と思ったのでした。そこで、過去に付き合った女性との出会い方を思い出して、有効な出会い方を考えてみました。

※基本的なマッチングアプリの知識は以下を参考にしてください。

【口コミ】pairs(ペアーズ)にサクラはいる?マッチングしたらどうすれば?実体験と2chを元に書いてみる

【評判・口コミ】恋活・婚活ができる出会いアプリ「with」で本当に出会えるのか検証してみた

出会いは自分次第で増やせる

確かに、ペアーズなどを使えば、自分の理想の条件で相手を検索できるので、マッチするはずの相手は探せるし、出会うことはできるんですよ。

でも、そこまでたどり着くのに手間と心理的な負担がかかるんですよね。特に、僕みたいな非イケメンだと。

イケメンや美女であれば、すぐ相手ともマッチングするし、出会いまでもスムーズだと思うんですよ。もちろん、その後の展開も。

実際、ペアーズきっかけで結婚した知人はイケメンですし。

こうしたことからもわかるように、マッチングアプリってリアルな世界と変わらずイケメン・美女がうまみを堪能できるサービスなんですよ。

だから、僕レベルの人間だと、簡単にマッチングするわけでもなく、例えマッチングしたとしても、途中のメッセージで連絡が途絶えることもあり、その度に傷ついているわけですw

このように、簡単に出会えると思われがちなマッチングアプリでも意外と苦労が多いんですよね。使い始めて2ヶ月でこう思ってるんですから、もっと長く使っている方はさらに疲れてるはずなんですよ。

そして、こうした状況で考えたのが、マッチングアプリ意外の出会いも増やしていったほうが良いということ。

何気ない出会いから付き合っていた

そこで今まで付き合った彼女とどこで出会っていたか考えてみたんです。そしたら、意外な事実に気づきました。

それは、友達同士の飲み会など何気ない場、恋愛を意識しない場で出会うことが多かったな、ということです。

前の彼女は、女友達と飲んだ時にその場にいた方だったし、その前の彼女は知人のイベントに、たまたま一緒に参加していた方でした。

どちらも、出会いの場とは意識せずにいたんですよね。でも、結果、付き合うまでに至っています。

こうしたことから感じたのは、実は「出会いの場」と意識しない場所の方が意外と出会えるのでは?ということ。

読書会などにも出会いがあるらしい

その例が、読書会。こちら、意外と出会いがあるらしいんですよ。

読書会の内容は、本好きが好きな本を持ち寄って、それぞれが本をオススメするというもの。(他にも、1つの本について語り合うなどいろんなパターンがあるようです)

そして、ここで出会ったことをキッカケに付き合う人もいるらしいんですよ。

では、なぜこうなるのか、その理由を考えてみました。

趣味が被っているので話が盛り上がる

まず、これ。読書好きなので、当然ながら「あの本好きなんですか、いいですよね〜」みたいな感じで話が盛り上がるわけです。

こういった状態なら話題は尽きないはず。アメトーークを見るとわかるように、何かを好きな人同士ってその場でめちゃくちゃ盛り上がって楽しそうに話しますからね。

それが読書会でも起きるわけです。

恋愛を意識しないので、緊張せずに接することができる

また、読書会であれば、来た目的が「好きな本の共有」ですから、恋愛を意識せず、純粋に本のことだけ話せます。

こうなると、異性を意識することなく、緊張せずに話すことができますよね。

そうすれば、ペアーズなどで初対面であったときよりも、いつもの自分でリラックスして会話を楽します。

この、「会話を楽しめる」というのはすごく大きなポイントだと思います。

たくさんの人がいるので「しゃべり足りない」感を醸成できる

1対1でなく、たくさんの人がいるので、沈黙になりにくいというのも大きいですね。誰かしら、しゃべってくれますから。

また、複数人でしゃべることのよさは、物足りなさを感じられることです。

仮に、読書会に「いいな」と思える人がいたとして、周りに人が多すぎてあまりしゃべりにくかったら、「話足りないな」となりますよね。

そうなると、「もうちょっと話したかったので、またご飯でも」と誘う口実ができるんですよ。つまり、次につながりやすくなるわけです。

次に会う理由がご飯であれば、相手もそれほど警戒しませんから、比較的楽に2人で会う約束ができるわけです。

連絡先を交換しやすい

連絡先を交換しやすいのもメリットですね。

たくさんの人がいるわけで、気に入った人だけでなく「その他」にも連絡先を聞けば、「こいつ私に気があるのでは?」と相手に思われることもありません。

あと、こういう場だと、サクッと「facebookでつながりませんか?」となりやすいので、何かと連絡先に関しては都合がいいんですよね。

このように、意外と出会いのきっかけになる読書会。こうした場所は他にもあるんですよ。

アメトーークのような集まりがBARで

それがBar Bossaという渋谷のBAR。

ここでは、マスターの林さんが特定のテーマを決めて、男女の出会いを作っているんですよ。その内は以下のとおり。

みなさん最初に名刺交換(名刺を10枚用意して下さいね)もしていただいているので、「じゃあ今度、お食事でもどうですか?」とみなさんどうしで会う約束をしていただいて、あとはお二人で「大人の階段」を上がっていただくというスタイルです。

毎回、「参加可能な条件」を決めています。

今回の「参加可能な条件」は「旅好きな人」です。海外旅行でも国内旅行でも、とにかく「旅が好きな人集まれ」です。

>>「知らない異性10人と出会って話す会」、次回募集

こうした粋なことをやってくれているお店もあるので、色々調べてみてください。

他だと、ビジネス勉強会に出る、ビジネスマン同士の朝会に参加してみる、ランニングサークルに入るなど、いろいろとカジュアルに人と会う方法はあります。

これらだと、最初から恋愛を意識せずに人と会えますから、なかなかオススメです。

出会いの場は以外とある

なお、出会いの場は他にもたくさんあるので、以下の記事を参考にしてみてください。

>>職場に出会いがない、男ばっかり、女性しかいないと悩んでいる社会人におすすめしたいこと

あわせて読みたい

と、今回はマッチングアプリ以外での出会い方をオススメしてみましたが、やはりアプリは効率的に相手を探せるので、楽です。

なので、以下の記事を参考にして自分に合うアプリを見つけてみてください。

>>【評判】マッチングアプリ13この違いを比較したので、おすすめを書いておく