どうも。マッチングアプリ研究家の20代後半の男です。本日は、pairsと共に運営歴の長いomiaiのレビューを書いておきます。

結果として1ヶ月有料会員になり、27人とマッチングして3人と飲みにいくことができました。(5人からのいいねありがとうを返してない)

では、なぜこういった結果を残せたのか、書いておきます。

Oimaiで出会うためには有料会員になる必要がある

この記事では、会うまでの体験記を書いていきます。なので、「Omiaiとは?」「どんな仕組みなのか?」については書きません。

その辺は以下の記事に詳しく書いているので、そちらを読んでください。

>>【口コミ・レビュー】omiaiアプリの使い方、料金、2chの評判などを有料会員としてまとめておく

Omiaiの基本ルール

ただし、最低限のルールだけは説明しておいたほうが、これからの文章を理解しやすいと思いますので、基本だけを書いておきます。

・自分の好きな条件で異性にいいねを送ることができる
・送ったいいねは相手に通知される

・相手がいいね返しをしたら、マッチング状態になる
・その後、1通目だけ無料でメッセージを送れる

・1通目のメッセージにはLINEのID(連絡先)を書けない
・連絡先を書いたメッセージは相手に届かない(運営にチェックされる)
・相手からの返信は有料会員にならないと見れない

と、こんな状態なので、相手の返信を見て2通目のメッセージを返すには有料会員にならなければいけないのです

メッセージ送信には年齢確認も必要

あと、メッセージを送るために身元確認も行います。その際は、パスポートや運転免許証の画像をアップロードして、身元確認、年齢確認を行います

もちろん、パスポート、免許証の大事な部分は隠してアップロードしましょうね

この審査にかかる時間は10分〜数十分。なので、有料会員になった瞬間に相手にメッセージが送れるわけではありません。

審査結果を待つ必要があるのです。

そして、審査が通ればメッセージが送れるようになります。

複数人とマッチングしたので有料会員になったよ

そんな感じのルールなので、僕も有料会員になってみました。

omiaiの有料会員であることの証明。4800円払った

僕が有料会員になった理由は、Omiaiを使った初日に複数人とマッチングし、メッセージを送る必要性が出てきたからです。(マッチングするためのコツは後述します)

なので、パスポートで年齢確認、身分確認をし、メッセージを送れる状態まで持っていきました。

マッチングするためのコツ

では、マッチングするためのコツを書いていきます。

ちなみに、僕のプロフィール写真は全然イケメンじゃないので、これから紹介するノウハウはいろんな人が応用できるものです。

まずはいいね返ししてくれそうな人の検索から

まず考えるべきは、いいねする相手の選定です。ここで大事なのは、いいね返ししてくれる人をしっかり選ぶこと。

ここで大事なのは以下の4点。

もらってるいいねが多い女性は諦める
・30歳近い女性にいいねを送る
・趣味が共通している人を探す
・プロフィールをしっかり書いていて、熱心に使ってそうな女性にいいねを送る

それでは、1つずつ説明していきます。

1. もらってるいいねが多い女性は諦める

初心者ほどやってしまうんですが、あまりにも人気すぎる女性ユーザーは狙わないほうがいいです。ライバルが多すぎるからです

最初は、いろんな人と出会えるということでいいねが500以上ついている美女にいいねをつけまくってしまうんですが、それは意味がないです。

いいねが返ってくることはほぼ無いからです。500もいいねがついているということは、単純に考えて500人もライバルがいるということです

その中で、いいと思ってもらうのはすごく難しいですよね?なので、そういった人気ユーザーは諦めてしまった方がいいです。

250以下のいいね数の女性を狙え

では、相手がもらっているいいね数はどれくらいを基準にすればいいの?という話ですが、実験の結果、250を基準にするといいとわかりました。

一度250くらいの女性にいいねを送ってみたら、返してもらってマッチングし、メッセージも何回かやりとりしました

なので、250以下の女性にいいねを送るようにしましょう。もちろん、理想はいいねが2桁、100台の人ですけどね。そういった人の中にも素敵な方はいっぱいいますので

2. 30歳近い女性にいいねを送る

「いいね数の多くない女性にいいねしよう」にも似ているんですが、30歳くらいの女性に注目することは重要です。

なぜなら、年齢が30歳なだけで美人な人は多いからです。彼女たちのいいね数が少ないのは、ただ年齢がネックになっているだけなんですよ

男は、女性を検索するときに20代の女性を条件で指定しているので、こうした現象が起きてしまうのだと思います。

30歳なら相手に求める条件も高くない

実際、僕が別の婚活(恋活)アプリであった女性は30歳でしたが、ありえないくらい美人でした。

なので、マッチングの数を増やしたい方は、ぜひ30歳くらいの方を狙ってみてください。しかも、これくらいの年齢になると結婚を意識して焦っているので、相手も男に求める条件を下げてくれます

マジでおすすめなので、ぜひ。

3. 趣味が共通している人を探す

「趣味」については、いいねされた女性の気持ちを考えるのが、わかりやすいでしょう。

女性は、いいねされた時、まず通知欄からプロフィールアイコンをチェックします。そこでアイコンがいい感じなら、プロフィールの自己紹介文などを見るわけです。

そのプロフィールに興味を持てなければ、いいねは返してもらえないので、プロフィールには趣味などを書いておく必要があるんです

そこで、「あ、趣味が似てる。付き合っても楽しめそうだな」と思ってもらえれば、マッチングもしやすくなります

美女でも趣味が合わないならその後メッセが続かない

なお、いくらいいね数が250以下の美女だとしても趣味が共通していないようなら、いいねは送らないほうがいいです。送り損になります。

僕もそれで失敗してますから。

一度、趣味は全然共通してないけど、写真が素敵だなと思った女性とマッチングしてメッセージのやりとりをしていたんですが、途中で会話のネタがなくなってめんどくさくなり、連絡を取るのをやめてしまいました

趣味を意識しないとこうなってしまうので、気をつけましょう。

4. 熱心に使ってそうな女性にいいねを送る

また、omiaiを熱心に使っている、よくアプリを立ち上げている女性に目を向けることも大事です。

その逆、omiaiをあまり使っていない人だと、そもそもいいねの通知欄を見てないなんてこともあるからです

なので、そういった女性を見つけるために検索条件には「ログイン:24時間以内」を入れておきましょう

自己紹介文は数行書いてる人がいい

また、自己紹介文にも注目しましょう。

自己紹介文が2~3行、趣味を箇条書きにしている人はあまり熱心に使ってないですね

それよりは、自分の性格などもしっかり書いてくれている女性を選んだほうがいいです。そうすれば、いいねを返してもらう確率も上がりますよ。

マッチングするにはプロフィールを充実させよう

マッチング数を増やすためには、相手の見極めと自分の情報をブラッシュアップする必要があります。

やはり、相手だけに注目するのでは不十分です。相手にいいと思ってもらうには、自分のプロフィールも改善していかなければいけません。

その辺のノウハウは以下の記事に書いているので、ぜひ読んでみてください。

>>【マッチングアプリ】ペアーズ、omiai、withでいいねを女性からもらえない男がやるべきこと

マッチングしたら適切なメッセージを

また、マッチングしてもメッセージでのやりとりがうまくいかなければ、実際に会うことはできません。なので、そこで失敗しないように以下の記事を読んでみてください。

テクニックを公開していますので。

>>【マッチングアプリ】ペアーズ、omiai、withでメッセージが続かない問題を解決!コツを紹介します

>>pairsやwith、omiaiでマッチングした後、相手からメッセージ返信がない時に考えるべきこと

「会おう」まで持っていく方法

上の記事を読んで、メッセージの送り方もマスターし、メッセージのやりとりも頻繁になっていくと、「会えるんじゃないか?」と思うタイミングが出てきます。

でも、ネットだけでしかやりとりしてない相手に「会おう」と誘うのは難しいですよね。断られたら気まづいですし

僕もそれで悩みました。でも、あるテクニックを使えば簡単に誘えるようになるんですよ。ということで、これからそれを紹介していきます。

ご飯の話で「これが好き」が出たら飲みに誘おう

鉄板だったのは、「ご飯で何が好きですか?」というネタを振ることです。

この質問だとほぼ100%返信が来ますし、相手の食の好みを知ることができます。そしたら、あとは相手が答えた食べ物を「食べに行こう!」と誘うのです

こんな感じで。

男:Aさんは何の好きな食べ物はなんですか?

女性:焼き鳥ですね〜。

男;そうなんですね。僕もめっちゃ好きなんですよ。最近、めちゃくちゃおいしい焼き鳥屋さんを見つけたんですけど、いきませんか?笑
せっかくの機会ですし。笑

このような言い回しで誘えば、二人でご飯に行くモチベーションは「おいしい焼き鳥を食べにく」になります

これだと、目的が「デート」のようにハードルの高いものではなくなるので、相手もOKしてくれやすくなるんですよ

お誘いは冗談ぽく。重くならないように

また、誘うときに「?笑」をいれることで、冗談のような感じを出せて、断られた時もきまずくないです

「ですよね。笑 早すぎました。あまりにも行きたすぎて興奮しちゃって。笑」と冗談で返すことができます

なので、会いたい女性が現れたら、この手法を使ってみてください。

会話のテクニックは仕事でも応用できる

また、これは好きなお酒でも応用できます。こんな感じで。

男:Aさんはお酒だと、何が好きなんですか?

女性:ワインです。最近は、赤をよく飲みます。

男;そうなんですね。僕もめっちゃ好きなんですよ。最近、おいしいワインが飲めるおしゃれなお店を見つけたんですけど、いきませんか?笑
せっかくの機会ですし。笑

これは、焼き鳥のテンプレをワインで置き換えただけですね。これはいろんな分野に応用できるテンプレなので、ぜひ使ってみてください。

趣味の話をしたら、冗談ぽく誘ってみよう

他にも誘うためのテンプレがあります。それは、趣味の話をすること。

例えば、ラグビーや、野球、サッカー観戦が好きな人がいるなら、一緒に見にいきませんか?と誘ってみる感じで。

この場合、いきなりスタジアムに行くのはハードルが高いので、スポーツバーに誘っておくのがいいでしょう

夏だと、高校野球を見に行こうと誘ってもいいですね。アメトーーク効果で、高校野球を見る女性が増えていますから。

誘うときは、断る余地を与えよう

なお、誘う時に必ず気をつけるべきことがあります。

それは、相手に断る余地を与えることです。相手が断りやすい誘い方をしなければならないのです

そもそも、マッチングアプリというのは日本で根付いておらず、ほとんどの女性がネットを介して出会うことに抵抗があるわけです。

そんな状況ですから、相手は警戒するわけですよ。断りにくい感じでグイグイ誘われたら怖いですよね

なので、僕は安全ですよとアピールするために、断りやすさを誘う時の文章に入れなければならないのです

これは実例を使ったほうがわかりやすいですね。

「行こう!」ではなく「いきませんか?」

以下の2つだと、どっちが断りやすくてどっちがOKといいたくなるでしょうか。

食の趣味が合うみたいなので、ご飯行きましょうよ!ね、いきましょう!

おしゃれなお店を見つけたんですけど、いきませんか?笑
せっかくの機会ですし。笑

明らかに後者ですよね。こっちの方が断りやすいし、余裕を感じられるし、誠実な感じがします。なので、誘う際はこうしたことも意識しましょう。

>>「出会い系」とは違う女性無料の婚活サイト(アプリ)まとめ

女性から誘ってくれるパターンも

マッチングアプリではたまに女性から「飲みに行きましょう」とか「ここに行きましょう」と誘ってくれる場合もあります。

その場合は誘いに乗っておきましょう。

マッチングアプリで出会う時は緊張するもので、何度か練習しておかなければいけません。なので、場数を増やして慣れるために積極的に会うようにしましょう

ぼくも初めてマッチングアプリを介して会うときは緊張しましたが、場数を踏んであまり緊張しないようになりました

>>【評価】無料で使えるFacebookを使った恋活アプリのおすすめを紹介します

会おう!となったらLINE交換してもOK

なお、気になるLINE交換のタイミングですが、僕は会う約束をしたら交換してもらうようにしています

その場合、断られたことがありません。なので、LINEでやりとりしたいと思ったらそのタイミングでどうぞ。

もちろん、もっと早いタイミングで「LINEでOK」といってくれる方もいるので、その際はすみやかにLINEに移動しましょう。(趣味が同じで話が盛り上がったタイミングで、「LINEにしましょう」と誘ってくるパターンが多いですね)

マッチングアプリは複数使うと効果的

これが僕のOmiai体験記です。

Omiaiは実際に出会えるいいアプリなので、ぜひ使ってみてください。

マッチングアプリは何個も使おう

なお、マッチングアプリは複数使ったほうがいいです。理由は、それぞれでマッチングする女性が異なるからです

なので、以下の記事を参考にして、自分に合ったものも使ってみてください。そうすれば、出会いの数を増やせますので

>>【評判】マッチングアプリを24こ比較したので、おすすめを書いておく