どうも。10このマッチングアプリで有料会員になってきた20代後半の男です。本日は、DaiGoさんが監修していることでおなじみの「with」や他の恋活アプリについて書いてみます。

ネット上では、サクラがいるかも?なんて声もありますが、ちゃんと安全に使えるアプリなんですよ。実際、サクラじゃない女性と何人も会えましたし

[2017年4月追記]withで知り合った女性と付き合うことになりました。(しかも、やりとりを始めてから12日と爆速で)

僕と同じように、短期で効果を実感したい方は今すぐどうぞ>>withを無料で使ってみる

なお、運営している会社も上場企業なので、心配する必要はないです。ということで、使った感想の詳細を書いてみます。

【目次】恋活アプリまとめ

【まず結論】6人と会えて、1人と付き合えたwith

まずはwithを無料で使ってみるといいよ

恋活アプリは無料で使える

ユーザー数最大の「Pairs(ペアーズ)」

恋活アプリの中で、ユーザー数はペアーズに次ぐ「Omiai」

20代前半が多い「タップル誕生」(FacebookやってなくてもOK)

20代の登録が7割のゼクシィ恋結び

上5つでダメだった時はマッチブックを

【まず結論】6人と会えて、1人と付き合えた

気になる結果は、見出しの通り。6人の女性と会って、1人の女性と付き合うことができました。6人中4人は美人で驚きました。(6人中1人は写真と違ってしょんぼりしましたw)

もちろん、サクラでもないし、怪しいセミナーとかの話をされるでもない。普通に真剣な出会いを求めている方と出会えました

なので、僕はwithを自信を持っておすすめできます。(以下の記事を見て使ってみてください)

>>【登録して17人と出会えた】コスパが良くて安全な婚活アプリ

ネットの口コミは違うアプリの「with」に対してのもの

たまに、「with 口コミ」とかで検索すると「サクラがいる」なんて記事を目にしますが、それはおそらく別の「with」というアプリのことを指しています。

この緑アイコンの「with」で「サクラがいる」と言ってる人たちですね。

勘違いしがちなwithのアプリ

僕が使ったのはピンク色のアイコンでDaiGoさんが監修しているものです。怪しさはないしサクラもいませんでした。

なので、真剣な出会いを探している方は、以下の記事から使ってみてください。

>>【登録して17人と出会えた】コスパが良くて安全な婚活アプリ

出会えた時の詳しい話はこちら>>↓詳細部分へ↓

上場企業が運営している

withを運営しているのは、イグニスという会社。メイン事業はアプリ開発。例えば、「LINE怪盗にゃんこ」「ぼくとドラゴン」「ヒカルの碁が無料で読める漫画アプリ」「妄想電話」などを提供しています。

一番有名なのは、電池節約アプリなどで横展開している、だーぱんシリーズです。最近だと、提供しているスマホアプリのダウンロード数が1億を超えたそうです

このように、アプリを量産して手堅く稼いで上場した会社なのです。

ネットベンチャーというと、うさんくさく見えますが、堅実にサービスを運営してきたからこそできた上場。こうしたことからわかるように、運営元としては信頼できるのです

安心な理由は他にもある

また、withはfacebookログインを利用するため、安心して使えるのです。その辺の理由は以下の記事に書いた通り。

>>職場に出会いがない、男ばっかり、女性しかいないと悩んでいる社会人におすすめしたいこと

withを使うためには実名制のSNS「Facebook」アカウントが必要で、かつ友達が10人以上いなければいけないので、サクラが入ってきにくいんですね

このように、サービス登録の時点で、ハードルを上げているため、健全な出会いの場となるのです。

Facebookの友達にばれない、投稿されない

なお、Facebookログインといっても、自分がwithを使っていることがFacebookの友達にバレることはありません。

Facebookでつながっている人は、アプリ内に表示されないようになっているのです。

また、自分がwithを使い始めたことや、誰かにいいねしたことはFacebookに投稿されません。なので、安心して使うことができます

監視体制とユーザー通報機能がある

安心して使える理由は他にもあります。それは、24時間のカスタマーサポート(CS)の監視体制があること。

CSが、サービス内をパトロールし、不審なユーザーや迷惑アカウントがあれば、それを削除してくれるんです

また、通報機能もがあり、ユーザーが不審者を通報すれば、運営側がそれをチェックし、場合によっては強制退会してもらえるのです

こうした監視体制があるため、withは昔の出会い系サービスよりずっと安全に使えるのです。

withは他のマッチングアプリと同じシステム

では、前提の説明が終わったところで次に進みます。withの簡単な説明です。

withはマッチングアプリと呼ばれるもので、男性と女性の出会いの場になっています。出会うまでの仕組みは非常にシンプルで、以下の通り。(男性側が使うと想定して説明してきます)

1. 女性のプロフィール写真ページからいいと思う人を探す
2. いいと思った人に「いいね」を押す
3. それが通知され、女性もいいと思ったら、いいねを返す
4. マッチングされ、そこから連絡を取るようになる。

こんな感じです。(さらに深いシステムについては以下の記事に書いているので、そちらを読んでおいてください

>>【評判】マッチングアプリを24こ比較したので、おすすめを書いておく

無料会員だとメッセのやりとりができない

withは、基本的に無料で使うことができます。しかし、無料会員のままだといろいろと制約があるのです。その中で、一番致命的なのが「無料のままだと、相手とメッセのやりとりができない」というもの。

相手とマッチングして、1通目のメッセージを送ることはできるんですが、それを運営側に審査されてしまうんですよ。そこで、不適切な内容が書いてあったら相手にメッセージは届かないのです

では、不適切な内容とは何か?

それは、LINEのID、電話番号など自分の連絡先です。これが不適切と判断される理由は運営側の都合を考えるとわかります。

出会って無料で連絡交換されたら運営側は困る

仮に、1通目でLINEのIDを送るのを許してしまったら、ユーザーはサービス内で無料で出会って、そのあとはLINEでやりとりしてしまいますよね。

そうなると、出会いの場を提供している運営側にお金が入ってこなくなるわけです。これは運営側として困りますよね

なので、ちゃんとお金をもらえるように、1通目のメッセージをチェックして不正なものをはじいているのです

相手のメッセージを見るには有料会員になる必要がある

そうした審査をくぐり抜けて相手にメッセージを送って返信が来た場合、ここでも無料ゆえの問題があるのです。

それが、メッセージにモザイクがかかっていて見れないというもの。

有料会員にならないと、それは開封できないのです。なので、相手と連絡先を交換する、やりとりしていくには必ずお金を払わなければいけないのです。(女性は無料)

これが無料会員と有料会員の大きな違いです。このルールは、他のマッチングアプリでも同じなので、気になる方は以下の記事を読んでみてください。

>>【口コミ・レビュー】Omiaiアプリの使い方、料金、2chの評判などを有料会員としてまとめておく

無料会員、有料会員、プラチナプランの違い

では、無料、有料の話が出たので、このタイミングでお金の話を書いておきます。

※詳しくは以下の記事に書いているので、ここでは簡単にまとめる程度にしておきます

>>マッチングアプリ「with(ウィズ)」で無料会員から有料会員になった方がいい理由を機能の違いから説明してみる

毎月3000円ほどで出会いを増やせる

男性が女性とやりとりするためには、有料会員になる必要があると書きましたが、その際の料金は、以下の通り。申し込む月の数によって月額料金が変わってきます。

1番月額が安くなるのは、12ヶ月プランです

12ヶ月プラン:一括21,600円 (1,800円/月)
6ヶ月プラン:一括13,800円 (2,300円/月)
3ヶ月プラン:一括7,800円 (2,600円/月)
1ヶ月プラン:2,800円/月

なお、iPhoneアプリ、Androidアプリからwithを使う場合は、この料金にアプリストアの決済手数料が数百円加わります。なので、ブラウザで公式サイトから登録して有料会員になった方がいいです

いいねに交換できるポイントも買える

有料会員、無料会員に関わらず、いいねがなくなった場合は、ポイントを購入して、いいねを増やすことができます。

その際は、1ポイント=1いいねで交換できます。そこで必要になるポイントの値段は以下の通り。

10pt 1,000円
21pt 2,000円
33pt 3,000円
55pt 4,800円
80pt 6,800円
120pt 9,800円

これも多く買えば買うほどお得になるんですね。

withのプラチナプランはあまり意味がない

withには通常の有料プランに加えて、プラチナプランというものもあります。これは有料会員になっている人が加入できるプランです

月額は有料会員にプラスで2800円かかります。(iPhoneアプリ決済なら3000円)

プラチナになることでできることは、以下の記事にまとめています。

>>マッチングアプリ「with(ウィズ)」で無料会員から有料会員になった方がいい理由を機能の違いから説明してみる

上位検索されてる感じはない

この中で、メリットと言えるのは、「いいね!」が、毎月50回分付与される(プラチナプランなしの有料会員は30回)と、足あとを5件以上閲覧できるくらいでしたねw

中には、「異性から検索された時、上位に表示される」というのもあったんですが、あまり意味がなかったですね。プラチナ加入前後でもらえるいいね数が変わりませんでしたからね

なので、プラチナプランは必要ないですね。

withの強み、弱み

お金のこともわかったところで、withの特徴を書いていきます。他のマッチングアプリと比べた時の強み、弱みです。

ざっくりいってしまえば、withの強みは他のアプリと比べて月額料金が安くて、年齢層が若めなことです。なので、マッチングアプリ課金に抵抗がある人、若い人と出会いたい人はwithを使っておくといいです

詳しくはこちら>>【評判】マッチングアプリ24この違いを比較したので、おすすめを書いておく

35歳以上ならゼクシィを使おう

年齢層が高めで本気で結婚を考えている人はゼクシィ縁結びを使ったほうがいいです。そちらには、30代から50代まで結婚意欲の高いユーザーがいます。

>>ゼクシィ縁結びのサイトはこちら

withの女性会員は9万人。pairsは51万人

withの弱みは、新参組ということで、他のマッチングアプリに比べてユーザー数が少ないところです

検索画面で条件をリセットして、女性会員の数を見てみたんですが、withは9万人でした。(ペアーズは60.7万人:2017年4月24日時点)

これは、大きな違いですよね。pairsはwithより約51万人も多く女性と出会えることになるわけです。こうした数で見てしまえば、withは弱いですよね。

ユーザーが少ない分、ライバルは減る

ただし、ユーザー数が少ないということはそれだけ競争が激しくないということです。

withは競争が激しくない

>>婚活サイトで初めて会うまでの期間やタイミングは?怖い?などに答えてみる

あと、withは男女比率がほぼ同じ(女性が少し多いという話も)なので、pairsよりは男性同士の競争は弱まります。なので、僕はpairsとwithを両方使っておくことをオススメしています

結局、使ってみて出会えたの?

はい、お待たせしました。ここで本題の「出会えたかの検証」について書いてみます。

結論から言うと、使ってみて1週間で1人と会う約束を取りつけ、また別の人と1週間以内に会うことができました。

追記あるので、追ってみてください。最新情報だと、withで知り合った女性と付き合いました。やりとりを始めてから12日間でした

また、使ってみて2週間でまた別の人と飲みに行きました。その方はめっちゃ美人だったので、びっくりしましたね。マッチングアプリを使えば、こんなステキな人と飲めるのか、と

この時に、痛感しました。もっと、早くから使っておけばよかったと。

3週間で3人と会って1つのアポを取りつけた

さらに、3週間目でもう1人の女性とも飲みに行きました。結果、3週間(執筆時点:2016年8月2日)で3人の女性と会い、1人とその後の約束を取りつけています

さらに、他の女性ともメッセージのやり取りをしているので、これからも会う可能性はあります。

[追記]2人と飲みに行き、1人ドタキャン、1人被ドタキャン

現時点(2016年10月4日)では、上記に加えてさらに2人の女性と飲みに行きました。

1人は、いいね400超の美人。なぜかマッチングして趣味があったので飲みに行くことに。その日はめちゃくちゃ楽しくて、飲んだ後また飲みに行く約束を取りつけましたね

そして、2回目の飲み。ここで意外な結果が。

2回目が盛り上がらず残念、、、

1回目に会った時はめちゃくちゃ楽しかったんですが、2回目は全然楽しくなかったんですよ。

1回目ほど会話が弾まないし。こちらとしては、会話が続くようにがんばったんですが、あまりにもダメなので早めに「帰ろう」と提案しました

そして、微妙な気持ちでバイバイしました。家に着いた後、また飲みに行こうと連絡が来ましたが、スルーしてしまいましたね

仕事観も合いませんでしたし。なので、その人とはもう連絡を取っていません。

久しぶりにプロフィール詐欺の女性と会った

さらにもう1人の方と会いました。その方は、いいねが10くらいだったんですが、写真はすごくかわいかったんですよ。しかも、お酒好き、同年代ということでいいねを送りマッチング。

そこからメッセージのやりとりを続け飲みに行くことに。写真がかわいかったのでワクワクしていたんですが、会った瞬間に一気に下がりました

なんと、写真と全然違ったんですよ。奇跡の一枚だったんですね。LINEの写真が本人じゃなくて心配はしてたんですが、それが的中してしまいました。

テンションが下がった時こそスキルを磨ける

ただし、それでもテンションが下がった感じを見せないように必死にその場を盛り上げようと努力しました。こうした時ことスキルを磨くチャンスですからね。

そして、努力の甲斐あり、楽しく話して会計。申し訳ないと思いながらもマッチングアプリ初の割り勘会計でした。

その後は連絡を取らなくなりましたね。

ドタキャンされてテンション下がった

また、別の方ともマッチングして飲みに行く約束をして、お店も予約していたんですが、当日にドタキャンされてしまいました。

これは相当テンションが下がりましたね。

あと、別の方と飲みに行く約束をしていたんですが、その時はこっちがドタキャンしてしまいました。これは本当に申し訳なかったです。(本当にすいません)

このように、約束していてもキャンセルされて飲みに行けないなんてこともありますので、覚えておきましょう

LINEのプロフィール写真も大事

こうした経験をして気づいたのが、LINEのプロフィール写真も大事ということです。

みんな、ペアーズやwithのプロフィール写真はがんばりますが、LINEは適当な人が多いんですよね。

でも、LINEに移行してからだとLINEの写真も気になるんですよ

withとかのは詐欺写真の場合がありますからね。だから、LINEで真実を確かめようとするわけです。

LINEは友達も見るため盛り写真は載せられない

LINEは友達に写真を見られてしまいますから、盛り写真とか奇跡の一枚を載せるのに抵抗があります。なので、ここには飾りのない写真が載るはずなんですよ。

そうした理由があって、LINE写真で本当の顔を見極めようとする人って意外と多いと思うんですよ。なので、LINEにも顔写真は載せておいたほうがいいです

もちろん、SNOWやプリクラなど盛りなしのw

女性と会うためにいいねされる方法を知ろう

なお、僕がwithで女性と飲みに行けたノウハウは以下の記事にまとめています。

>>【マッチングアプリ】ペアーズ、omiai、withでメッセージが続かない問題を解決!コツを紹介します

>>【マッチングアプリ】ペアーズ、omiai、withでいいねを女性からもらえない男がやるべきこと

>>pairsやwith、omiaiでマッチングした後、相手からメッセージ返信がない時に考えるべきこと

これらをぜひ読んでみてください。そうすれば、withで出会いを増やせます。

まずは無料で使ってみるといいよ

と、ここまで読んできてわかるように、withは非常に優秀なマッチングアプリです。しかも、女性であれば無料で使えるのですから、今すぐ使ってみるべきです。

男性でも、いいね!を押す、女性を検索するなどは無料できます。

ぜひ以下のリンクから使ってみてください。最近だと、クリスマスに向けて3倍マッチングしやすい診断もやってくれているので。

【追記2】診断テストが進化してた!

2017年1月のアプリアップデートですごい機能が追加されていました。それが「BIGFIVE」という性格分析。こちらは、紳士学者が作り上げたもので、遺伝子検査でも使われているそうです。

これを元に性格診断ができるようになっていたんですよ。

with1

そして、これに答えていくと自分は何タイプかがわかり、恋愛の傾向、相性のいいタイプの特徴を教えてもらえるのです。

with2

また、相性の合う相手のタイプも教えてもらえますし、自分の性格についても分析してもらえます。

with3

これ、恋愛関係なく仕事や日常でも役立てることができるので、まずは無料で受診してみてください。普通に面白いので。

2chやアプリレビューストアの口コミ、評価

続いて、第三者の意見を。まずは2ちゃんねるにおける評価です。

Aさん:ちょっとお試しに1ヵ月だけ始めてみた

人が増えればそれなり良さげ。始めて1週間3人とマッチングして、そのうち1人と面接の約束までいった

Bさん:はじめて1ヶ月だけど10人とマッチして3人と面接した

人少ないぶん穴場かもね今のところ

Cさん:地方は人少なすぎでダメだ

有料会員になって失敗した

Dさん:相性診断で◎になってて、

相性が良いマークまで出てる人がいたんだけど、
よくよく顔見たらあまり話した記憶もない15年前の知り合いだったw
あの相性診断使えるのかな…?

Eさん:なんか今日だけで10件くらい成立したw

さみしいんだなみんな

Fさん:イヴにライン交換した後に

向こうから電話してきたから、会おうってグイグイ行き過ぎて、LINEブロックされた、、、

Gさん:ペアーズと掛け持ちしてるけど

こっちの方がいいねもらえるわ。

Hさん:自分は女でペアーズとかけもちしてるけど、

男性のいいね数を見ててwithのほうがペアーズよりいいねあると感じてた。

Iさん:男だけどペアーズよりこっちの方がいいな

人少ない分イケメンも相対的に少ないから俺のランクが上がる

2chの評判を見て思ったこと

確かに、ペアーズ、Omiaiに比べたらユーザー数は少ないですが、その分ライバルも少ないので、マッチングはしますね。

なので、ペアーズで競争がやばいなと思ったらwithを使っておくといいですね。

アプリのレビュー

続いて、グーグルプレイにおける評判です。

Aさん:マッチングはするんだが、

返事が来ない、既読すらつけない未読スルーすらされる、会えた実績もない。

Bさん:登録している人に、地域の偏りがあるような。

利用者さん、関東の方が多いように感じる。

Cさん:良いんだけど、

なんだか関東の人多いな…(´・ω・`) 関西人増えないかなぁ…

Dさん:性格からマッチング

サクラが全くがいなくて信頼できそうです。今回のアップデートで性格からマッチングすることが出来るようになって嬉しい!

トークでもオススメのコミュニケーション方法がみられて話しがはずみやすい。

Eさん:イベントが多くて楽しい

前に登録した時はスタートしたばかりだったのでつまんないからアンインストールしちゃったんですが、最近再開してみたら人も増えてるしイベントもやっていて楽しく活用させて頂いてます。

早く結婚したいです(笑)

Fさん:メンタリズム診断もあって

勉強しながら恋愛できます。

アプリレビューから思ったこと

こちらでは、イベントが充実していることに触れてる人が多かったですね。本当に無料でいいねを送れるようになるイベントは貴重で、それによってマッチ数がいろんな婚活・恋活アプリの中で最大になりました。

なので、とりあえずマッチング数を増やしたい方もwithを使ってみるといいですよ。

恋活アプリは無料で使える

withの説明箇所でも触れましたが、今回紹介する恋活アプリは無料で使い始めることができます。

男性だけ、メッセージのやりとりで有料会員になる必要が出てきますが、女性は全機能無料で使えます。(Omiaiは10代、20代のみ)

なので、アプリがどんなものか、まずは無料で使ってみるといいですよ。

2. ユーザー数最大の「Pairs(ペアーズ)」

【運営会社】エウレカ

【特徴】
ユーザーの数、質ともにダントツで1位。恋活アプリで何を使おうかな?と迷ったら、まずは使いたい。結婚するカップルも続出。

【対応環境】
PCサイト対応、スマートフォン対応、iPhoneアプリ対応、Androidアプリ対応

Pairs(ペアーズ)の感想

一番多く、女性と出会えたアプリです(10人と会えた)

アプリも使いやすく、最近では、友達にアプリを使っていることが絶対にバレない「プライベートモード」もできて、安心感が増しています。(Facebookでつながってない知り合いからはバレる可能性があるのです)

また、コミュニティが他のアプリよりも充実しているので、趣味の共通する異性と会うことができます。

3. 恋活アプリの中で、ユーザー数はペアーズに次ぐ「Omiai」

【運営会社】ネットマーケティング

【特徴】
ランキング機能でモチベーションアップ。相手によって送れるいいね数が異なるので、人気が偏りにくく、良い人への競争率も他アプリよりは低くなる。

【対応環境】
PCサイト対応、スマートフォン対応、iPhoneアプリ対応、Androidアプリ対応

>>【口コミ・レビュー】Omiaiアプリの使い方、料金、2chの評判などを有料会員としてまとめておく

Omiaiの感想

ペアーズより、ユーザー数は少ないですが、ペアーズやwithにはいない相手を見つけられました。(なぜか、この3つはユーザーがかぶりにくい)

なので、ペアーズやwithで恋人ができなかった時に、次の選択肢として使うといいですよ。

3人と会えましたが、2人は写真どおりで、1人は写真の印象よりもぽっちゃりしていました。こうした経験をして、全身写真をチェックしておくのが大事とわかりました

あと、Omiaiはwith、ペアーズと比べるとアプリが使いにくいですねw(まあ、気にするレベルではないですが)

4. 20代前半が多い「タップル誕生」(FacebookやってなくてもOK)

【運営会社】マッチングエージェント(サイバーエージェントのグループ会社)

【特徴】
18~24歳が多く、恋人作りに向いている。すぐに結婚を考えていない人向け。

【対応環境】
iPhoneアプリ対応、Androidアプリ対応

>>【評判】出会い系アプリ「タップル誕生」の有料会員になったのでサクラ、2chの噂は本当?などを調べてみた

タップル誕生の感想

ユーザーの年齢層が若めだったので、1ヶ月で有料会員をやめましたが、20代前半の方であれば満足して使えるはず。

「ガチで恋活をするのはちょっと。。。」という人にもおすすめで、気の合う友達探しもできます。

出会いの少ない専門学生、大学生、新社会人は使ってみるといいですよ。Facebookなしでも始められますので。

>>

5. 20代の登録が7割のゼクシィ恋結び

【運営会社】
株式会社リクルートマーケティングパートナーズ

【特徴】
ユーザーの7割が20代。「つながりで探す」という独自機能がある。

【対応環境】
iPhoneアプリ対応、Androidアプリ対応

>>婚活マッチングアプリ「ゼクシィ恋結び」の評判、口コミを検証!足跡、メッセージ、ブロックについても評価しとく

「ゼクシィ恋結び」の感想

年代が近い人が多く、可愛い人もいました。何人かとマッチングし、メッセージのやりとりもしましたが、出会うまでには至りませんでした。

これは残念でしたね。

なお、ユーザーの中には「ゼクシィだから安心して登録しました」とプロフィールに書いてる人がいて、ブランド力はすごいなと思いましたね。

無料で使ってみる>>「ゼクシィ恋結び」のサイト

6. 上5つでダメだった時はマッチブックを

【運営会社】
ニジボックス(リクルートのグループ会社)

【特徴】
これといってないが、このアプリが一番良かったといっていた25歳の男性がいた。

【対応環境】
iPhoneアプリ対応、Androidアプリ対応、ブラウザ版あり(スマホ、PC)

>>【評判】マッチブック(Matchbook)アプリの評価(サクラは?料金は?いいね数の平均は?メッセージは?)

マッチブックの感想

正直、アプリも使いにくいし、これまで紹介してきたアプリを真似して作っている印象を受けました。

なお、何人かとマッチングをしてやりとりし、1人と会う約束をしましたが、当日ドタキャンされてしまいました。(スポーツバーに来てくれなかった)

このアプリは、ここまで紹介してきたアプリで成果が出なかった時に使うようにしましょう。

>>リクルートグループの恋活アプリ「Matchbook(マッチブック)」